サッカー日本代表イラクに辛くも勝利 山口蛍がハリルを救う

   

japan昨日行われたロシアW杯のアジア最終予選のグループリーグで、日本代表が2-1でイラク代表に勝利した。

しかし、試合内容に満足した人がどれだけいたのか?
勝つことが重要なのは勿論だが、ただ勝ちに繋がっただけで、今後に活かされるプラス材料がなければ、チームとして成長することはなくギリギリの戦いを続けて行くことになると金澤敏明は思います。

オフサイドの誤審で先制点

先発メンバーから香川を下げて、トップ下にはセビージャの清武が入った。
ボランチの位置も、長谷部のこの日のパートナーは柏木だった。

ゲーム開始後は、イラクが積極的な試合をしていた印象で、日本選手はボールが足元で落ち着かない感じで、トラップミスなど奪われることが多かった。

そんな中でも先制点を挙げたのは日本代表だった。
右サイドの本田キープして外側から清武が追い抜き、そこへパスが通り中へグランダーのマイナスのパスを先発出場していた原口がヒールで合わせて2試合連続の先制点をあげた。

しかしこのゴールの起点になっている本田から清武へのパスは、あきらかにオフサイドだった。
逆の事が起きれば、大騒ぎするテレビ中継の解説や実況陣も日本が加害者だと騒ぎ立てる事はせず、何事もなかったかのようにすすめるのは、サッカー解説者としてどうなんでしょうかね?
こんなラッキーな形での先制点となった。

前半は、1-0のリードで後半に突入する。

いつものパターンで失点し終盤に慌てる伝統芸

イラクにセットプレーからまたしても失点してしまった日本代表。
前半にもコーナーキックからポスト直撃の危ないシーンを作られていた。
フィジカルでは勝てないので、ボールに触られてしまうのは仕方がないかもしれないが、体への寄せや体制を崩させる事ができないと、毎回ピンチがおとずれる可能性があり観ているとヒヤヒヤするのが現状です。

同点にされてからは、日本は怒涛の攻撃をみせますが、左サイドの原口が1対1で仕掛け中央の岡崎や本田がシュート放つがゴールは奪えない。

スーパーサブに定着してきた浅野やJリーグで好調の小林悠を岡崎、本田に代えて投入するも得点を奪えなかった。
特に浅野には、今回もチャンスが訪れた。
斜め後ろからのロングボールだったが、エリア内の厳しい所でダイレクトでシュートするのではなくトラップを選択して一気に囲まれてボールを奪われてしまった。

ボールが来る前からの状況把握ができていないのか、あそこでトラップを選択しているようでは、移籍したアーセナルにレンタル先から呼び戻される事はないと思う。
プレミアはもっとディフェンスが厳しいのだから。

イラクの選手が時間稼ぎをしていたので、アディショナルタイムは6分あった。

しかし、吉田を前線に残すパワープレイから左サイドのゴールライン付近でFKを獲得した。
清武のボールは、エリア中央付近で日本代表とイラク代表のゴチャゴチャの密集地でイラクの選手がボールさわりクリアーした所に、セカンドボールの為にポジショニングしていた途中出場の山口蛍が抑えのきいた弾丸ボレーでアディショナルタイムに勝ち越しに成功して、そのまま逃げ切りなんとか勝利した日本代表だった。

日本代表はこのままで大丈夫なのか?

昨日の試合を観ていて感じた金澤敏明の正直な感想は、
「日本代表は本当にワールドカップに出場できるのか?」
というものでした。

今までは、序盤で苦戦していても自力が勝るのだから、最終的には突破できるという考えでした。
しかしこの最終予選を観るとホームでこんなギリギリの試合が続くと、さすがに厳しいのではないか?と心配になってきます。

流れの中からの失点は限りなく少ない状況ですが、セットプレーからの失点が続いているのが気になります。
日本の対フリーキック時のディフェンスがゾーンなのかマンツーマンなのか詳しく観ていないのでわかりませんが、競り負けたりマークを外されたりと得点を奪われていないシーンでも見ていて危ない事が多々あります。

寄せていてプレッシャーになるほどの寄せになっていなかったり、空中戦ではかなり遅れた対応で楽にヘディングを許したりと、マークする相手を少しルーズにしすぎになっている試合が続いていると金澤敏明は思います。

ハリル監督の好む戦術よりも、代表選手たちが守りやすいディフェンスシステムに変更してみるなどを試してみる価値はあるかな?と私は思います。

選手交代で、浅野や小林のような裏を狙う選手を多く投入しましたが、出し手が不足して裏へのパスが出てこないなどの問題もあったと思います。
最終的にパワープレイをするならば、それに適したハーフナーを最初から代表メンバーに入れておいたりする、別のオプション用のFWも必要な気もします。

今の現状では、アウェーで引き分け以上の結果が残せるのか非常に不安になります。
ホームで1勝1敗ですが、内容はどちらも前半に先制して楽な試合展開になりそうな所から、同点や逆転されるという結果ですので、敵地ではどんな結果になるのか非常に不安です。

ハリル監督のサッカーは、相手のボールキープが高いと機能するサッカーだと聞いた事があります。
アジアのサッカーでは、圧倒的に日本がボール保持率が高くなる事が多く、アジアのサッカーには向いていないという根本があるかもしれません。

次のオーストラリア戦で、勝てれば最高ですが、引き分けでも御の字だと思います。
負ける事は非常に厳しいと思いますし、まさかの大量失点での惨敗なんて可能性もありえる今の日本代表。
早くも前半戦の山場をむかえることになりそうです。

 - ワールドカップ予選, 日本代表