アウェーでタイ戦に勝利するも物足りなさを感じる内容に不安を感じる日本代表

   

japanロシアワールドカップのアジア最終予選の第2戦となる試合がタイホームで行われた。
初戦をホームでUAEにまさかの逆転負けとなってしまった日本代表は、勝利が必須となる大事な試合を勝利することはできた。

しかし内容としては、決して褒められた試合ではありませんでした。
大ピンチを招くキーパーとディフェンスのミスもありましたし、危険な感じがすます。

 

前の試合から大島が外れて山口を使った

前回の試合の一番の失敗は、代表デビューの大島選手にあったと金澤敏明は思っていましたので、今回は何度も代表で出場している山口選手になったのは良かったと思います。

激しいチャージで敵の攻撃を遅らせる事は出来ていたと思います。
しかし、UAEとタイとでは、相手のレベルが違うので評価をするのは難しいですが、ボランチの位置としてはやる事はやっていたと思います。

攻撃面でもう少し顔を出す機会が増えればさらに良いと思いますが、合格点だと思います。

この選手起用が逆だったら良かったようにも思えます。
完全な格下になるタイ戦に代表デビュー戦の大島選手を使えば、気持ちも楽に入れたと思います。
そして最終予選の初戦で山口選手を先発させて、勝利できていればさらにリラックスしていつも通りのサッカーができていたかと思います。
デビューの場には、あまりにプレッシャーのかかる場面だったかなと思います。

 

ボールコントロールが不安定な日本代表

タイのピッチが見た目よりは良くなかったのか、イレギュラーバウンドが目立ったのもありますが、最後のシュートの場面でミスショットが非常に目立ちました。

枠を大きくそらすシーンを見ると、「またか」とガッカリさせられます。
それがハイプレッシャーで厳しい体勢でのシュートならわかりますが、あのプレスの中でなら入らないまでも、枠内シュートの数はもっと増やさなくてはいけません。

またミートがしきれない場面も多くみれました。
こればかりは、練習とは違い真剣なDF相手の中でしか鍛えられない感じもします。

解説者は、日本人はテクニックは凄いと良く言う人がいますが、それはあくまでプレッシャーの無い中での話であって、試合中の激しいフィジカルコンタクトの中では、それを発揮できなければ、意味の無い事だと思います。

 

原口と浅野がスタメン起用に応えてゴール

岡崎の先発を予想していた人は多かったと思いますが、先発で浅野が使われました。
彼のスピードは後半の疲れたディフェンスに非常に有効になるスーパーサブ的に使うのが効果的だと思いますが、後半の終了間際まで良く走り相手ディフェンスを苦しめていたと思います。

スピードは非凡で、相手ディフェンスとのスプリントに勝ちゴールキーパーとの1対1で冷静に決めることができたのは、明るい話題だと思います。

原口選手の先発も意外な感じがしました。
金澤敏明は、宇佐美選手を先発に起用するかと思ったのですが、原口選手は、前半に先取点となるヘディングでのシュートで日本を楽にさせてくれました。

しかし追加点を奪えるチャンスは何度があったと思いますが、決めきれないところもあり反省点もみられる内容だったと思います。

残り5分程度で投入された宇佐美選手は積極的に得意なサイドからのドリブルシュートをみせ結果を欲しがっていました。
特に相手ディフェンスの足も止まっており、彼のプレイ時間は短かったですが、今後にまた観たいと思わせてくれるプレイだったと思います。

 

UAEが敗れ無敗は2チームだけ

日本にとってラッキーな事は、まだ対戦していないチームがだけが無敗という事だと思います。
今後の直接対決で相手を倒せば、初戦の負けを帳消しにできる展開となっています。
しかし無敗のチームは、この組の最大のライバルとなるオーストラリアと中東の雄サウジアラビアの2チームです。

厳しい戦いになると言われていますが、アジアの強豪とはいえ、世界的にみれば強いチームではないので、ここはしっかりと勝ちきってもらいたいというのが本音です。

次戦は、10/6にイラクとホームで戦い、10/11にオーストラリアでのアウェイ戦があります。
ここを勝つようだとこの組の1位に躍り出る可能性があります。
そして11/15のサウジアラビアとのホームもしっかり勝っておけば、来年はアドバンテージを持ちながらアジア最終予選の佳境を迎えられるはずです。

しかし今のままでは厳しい試合になると思います。
戦術を高める事も重要ですが、ラッキー男的なニュースターが生まれると予選突破に近づくと思います。
個人的には、浅野選手には局面を打開できるスピードもあり期待しています。

 - ワールドカップ予選, 日本代表