大事なアジア最終予選の初戦で敗北した日本代表 課題山積み

      2016/09/08

昨日行われたロシアワールドカップへのアジア最終予選の大事な初戦をホームで戦える非常に有利なアドバンテージを持っていた日本代表だったが、まさかの逆転負けとなった。

長友が出場できなかったので、ベストメンバーとは行かなかったが、それでも本田、香川、岡崎、長谷部、吉田、清武などスタメンの8人が海外組みというほぼベストメンバーで試合に挑んだ。

大きなサプライズとしてオリンピック世代の大島がレギュラーに名前を連ねてフル代表デビューとなった。

 

最高の立ち上がりで先取点を奪う

試合開始から予想通りに日本ペースで試合は進んだ。
早いワンタッチのボール回しで相手のマーカーをはずしたりとなかなか良い立ち上がりに思えた。

そして前半のFKを清武が蹴りファーサイドで上手く相手DFを剥がしてフリーになった本田がヘッドで先制点を挙げた。
ここまでの試合の流れや完全な相手の弱手もみえていたので、追加点が期待できる展開だった。

しかし軽いボディータッチでFKを獲られてしまいそれを相手FWに直接決められてしまい同点となった。

前半戦は、同点で終了となった。

 

後半になって攻め続けるも決定機を逃す

断続的な日本ペースが続きUAEはカウンター狙いに徹していると日本のペナルティエリアで3人で相手選手を囲みボールを奪った際に大島僚太の最後の足がかかりPKを謙譲してしまう。

これを相手FWのハリルにチップキック気味の完全に裏を取られる形で決められて、まさかの逆転される展開になりました。

ここからは、なんとしても同点、逆転をしなくてはいけない日本は、宇佐美、浅野、原口というスピードもあって1対1も強い選手を立て続けに投入するも、決定機を決めきれない場面も目立ち、このまま1-2で敗戦となった。

 

誤審に関係なく勝利してほしかった

この試合で浅野がボレーであわせたボールがゴールラインを割ったかと思われたが、ゴールは認められなかった。
テレビでは、何度もスローリプレイが放送され、間違いなくボールが完全にゴールラインを割っていた誤審であった。

先制点を奪われたFKもファール+イエローカードというのも大袈裟な感じでしたが、ファールをとらない審判も多いようなプレーだったと思います。

そしてPKのシーンもちょっと厳しい感じが金澤敏明にはしました。

ホームアドバンテージがもらえても良いくらいに思ってしまいますが、逆にアドバンテージを相手にとられた感じもしましたが、そんな中でもチャンスも作れていたので、しっかりと勝ちきってもらいたかった試合でもあります。
試合中に気になったことは、また次の記事で書きたいと思います。
UAE戦で気になった点とアジアのレベル

ロシアワールドカップ アジア最終予選第2戦のタイとのアウェー戦

 - ワールドカップ予選, 日本代表