2018ロシアW杯の欧州予選の組み合わせが決定!

   

注目のロシアワールドカップのヨーロッパ予選の組み合わせ抽選会が行われて各グループの国が決まった。

今回も死のグループと呼ばれるに相応しいグループが出現してしまった。
それは、グループAだ。

ポッド1のオランダグループにポッド2にフランス、ポッド3にスウェーデン、そしてポッド4にブルガリアとまさに死のグループになってしまった。

各グループから1位は無条件で出場が決まり、2位はプレーオフにより対戦したチームに勝ったチームのみが出場できるので、少なくともこのオランダ、フランス、スウェーデンの3チームの内、1チームはワールドカップへ出場することができくなってしまう。

この死のグループが出来たのは、フランスが世界ランキングを上げておけなかったことが原因なのは間違いない。
ポッド1を獲得できる成績を残せなかった。
直前までは9位でポッド1に入れるはずだったにまさに自分達でクビを締めてしまった格好になった。
スウェーデンは若手が良いサッカーをするので、かなりの強敵になるので、フランスもオランダもうかうかしていられないと思う。

その他で面白そうなのはグループGのスペインとイタリアの組だ。
少しずつ若手へのシフトチェンジができてきたイタリアとまさに世代交代が深刻なスペインが同組になった。
普通に行けば少なくともプレーオフには進出できると思うが、どちらも1位で気持ちよく出場権を獲得したいはずだ。
個人的には、スペインサッカーが好きな金澤敏明は若手を育てながら伝統のパスサッカーで成長するスペイン代表になんとか頑張ってもらいたい。

個人的にほとんど知らないウェールズがポッド1のグループCやあまり知らないルーマニアのグループEなんかは大混戦になるんじゃないかと思います。
せめてどちらかのグループにフランスが入っていれば・・・と思ってしまいます。

スペイン以外で楽しみにしているのは、グループIのポッド1のクロアチアですね。
もともとタレント揃いのテクニシャンを多く輩出する国でしたが、まさに今は各ポジションにスター選手がいてとても面白いと思っています。

ドイツ、イングランド、ベルギーは組み合わせに恵まれた感もあるので、順当に危なげなく予選を首位突破してもらいたいです。

 - ワールドカップ予選