3位決定戦でも崩壊していしまったブラジル代表

      2014/07/15

ネイマール観戦も結果でず

決勝戦の前日に3位決定戦が行われた。
この3位決定戦は賛否が分かれるところだと思います。
ちなみに金澤敏明は、大反対である。

今回は、オランダがベストメンバーで挑んでくれたので試合として成り立ったが、普通に考えてオランダは中二日で、連続の延長戦後の試合ということを考えれば、スタンメンを出場させる必要はなかったと思う。

これで選手にアクシデントでも起これば、所属チームはたまったものではない。
それが、決勝戦なら仕方がないことだが、価値のない3位決定戦でケガをしてはたまったものではない。

そんな3位決定戦だが、ブラジルにはこの試合でどうしても勝たなくてはいけない理由があった。

それは、ドイツに7失点してしまい、ファンを失望させてしまったからだ。
地元開催でここまで屈辱的な負け方は未だかつて見た事がなかった。

この試合は代表のちからをファンに知らしめるためにもどうしても勝たなくてはいけない試合だった。

ドイツ戦でディフェンスの要のチアゴ・シウバが出場停止で出れなかったが、この試合はには復帰した。
安定すると思われたDFだったが、開始直後の2分にそのシウバがロッペンを倒してしまい早くもPKのピンチに。

それをファン・ペルシーが決めて、最悪の立ち上がりになってしまった。
このPKはスローで観ればエリア外だったと思われるだけに、不運だったが、イエローカードですんだのはラッキーだったかもしれない。

ブラジルは攻めるしかなかったので、またしてもカウンターを食らうことになる。

そして前半にカウンターからのハイボールをダビド・ルイスが不用意に中にクリアーした所にぽっかりとスペースがあり、そこにサイドバックのブリントが詰めて2点目をたたき出した。

これは、セーフティーにコーナーに逃げても良かったかなと思います。
その前もオフサイドっぽかっただけに、これも不運といってもいいかもしれませんせんが、しっかりとディフェンスが対応できていれば、この失点も防げたと思います。

このブラジル大会を通して、ブラジル代表の弱点となったのは、センターFWとボランチの位置のパウリーニョだと思います。

得意パウリーニョは、コンフェデで見た彼と明らかに違っていたように思えます。
体が非常に重そうに思えたし、ボールを貰う動きが明らかに悪かった。

後半もロスタイムにオランダの登録選手23人全て出場のためにキーパーの交代をくらう屈辱まで味わい、まさに底まで落ちてしまった印象だ。

こんなに弱っているブラジル代表は初めてみたかもしれません。
まさに王国の崩壊だと金澤敏明は感じました。

今後の監督には、厳しい再建が待っているので、大変だと思います。
ネイマール一人に頼るのではないチーム作りができなければ、復活までの時間はかかるかもしれません。

 - ワールドカップ予選