アルゼンチンはなんとか決勝進出したが

      2014/07/14

オランダを破り決勝進出

ブラジルがまさかの大敗を喫して、南米勢が全滅かと思われた準決勝のもう一試合のアルゼンチン×オランダ。

どちらのチーム決定的なチャンスは作るが決めきれない展開で、この大会では恒例になった延長戦突入。

延長でも両チーム決定的なチャンスをハズシてしまい、PK戦になりました。

オランダは準々決勝のようなキーパーチェンジはせずに、延長戦でFWを交代させていました。
シレッセンがPKがあまり得意ではないと話題になっており、フューチャーされていました。

オランダの1番手は、DFの選手でした。
前回のPK戦でキッカーになっていない選手でしたが、アルゼンチンのロメロにセーブされます。

アルゼンチンはキッカーを務めた選手が全て成功させたが、オランダはスナイデルまでセーブされてあっさりと試合は決着した。

今大会のアルゼンチンは決勝まで進出はしているが、金澤敏明にはあまりインパクトがない。
なんとか勝利する試合が続いている。

上手く試合運びが進んだ会心の試合ってのは、ない気がする。
特にドイツが圧巻のインパクトある試合をしただけに、アルゼンチンは霞んでみえる。

しかし南米大会は、南米のチームしか優勝していないというジンクスがあり、アルゼンチンが有利なのかもしれない。

しかし、勝ちあがっているがあまり強いと思えないアルゼンチンなので、私はドイツが勝利すると思う。

ディフェンスはかなりまとまっているアルゼンチンがどこまで踏ん張れるかが試合の鍵になりそうだ。

特に早い時間に先制されると、前がかりになりブラジルの二の舞になりかねない。
因縁の2チームによる決勝は、7月14日の早朝4時キックオフです。

その前日に3位決定戦がありますが、ポテンシャルが下がっているチームを戦わせる3位決定戦ってやる意味があるんですかね?

金澤敏明は、反対です。
ブラジルは地元でとんでもない試合をしてしまっているので、国民に良い試合をみせて終わりたいところだとは思いますが、次回のW杯出場の権利がかかるとかなら本気になりそうですが、そうでない場合は、ここまで出場機会が少なかった選手を中心になる可能性が高く、ベストメンバーの本気の試合とはならなそうな気がします。

サッカーの強豪国同士の決勝戦が非常に楽しみです。

 - ワールドカップ