ブラジル、ドイツ、アルゼンチン、オランダとベスト4が出揃う。

   

強豪国が残る結果に

これまでこの大会を盛り上げてきたコスタリカやコロンビアなどが敗れて、順当にと言ってもよい国が残りました。

大会前から予想されていた強豪国が残りました。
オランダのところがスペインだったら、普通のサッカー好きが予想する可能性の高いベスト4が出揃う所でしたね。

金澤敏明はスペイン予想だったので、まさにオランダとスペインが入れ替われば、自分が観てみたいベスト4が残ったんですが、知ってのとおりスペインはグループリーグ敗退でした。

とても楽しみな4チームが残りましたが、このチームにどれくらいの余力が余っているかによって、サッカーの内容(質)が変わってきます。

決勝リーグは、強豪国が残るため楽な試合にはならないのは分かりますが、あまりにも接戦や延長戦が多く、疲れがたまりまくっているのではと心配になります。

このような素人でも予想できるようなチームが残る豪華なチームの戦いになるのなら、もの凄いサッカーをみせてもらいたいと思うのがサッカーファンの心理だと思います。

残念なのが、大本命ブラジルのネイマールのケガによる離脱。
骨折により、W杯の出場は絶望になりました。

ベスト4による戦い

そんなブラジルは、準決勝でドイツと戦うことになります。

エース不在の状況で、チームメイトが更に団結する可能性もあります。
そして何より大会屈指のDFがあり、しっかり守って結果を出す可能性も高いです。

相手のドイツは、予想していたよりはおとなしい印象です。
もっと得点力があると金澤敏明は思っていました。

準々決勝からラームをボランチから本職の右サイドバックにして、攻撃の変化を試すなど、レーヴ監督も試行錯誤しています。
私はこの形の方がよいと思っています。

オランダ×アルゼンチンは、強力な左利きの両エースのデキにかかるところがあります。

ロッペンとメッシどちらが大きな活躍ができるのか楽しみです。
ちなみにメッシは相変わらず試合中の走行距離は8キロ台のようです。

こないだの試合は延長まで行ったの、それでも8キロちょっとでした(汗)

準決勝のブラジル×ドイツは、日本時間水曜日の早朝5時にキックオフです。

 - ワールドカップ