日本代表がギリシャ戦に全てかける

      2014/06/17

コートジボワール戦の反省点

本田のゴールで先制点をあげて、好スタートをきったように思えた。
しかし、攻撃にいつものリズムがなかった。

前半はなんとか失点をしないで切り抜けられた。
ドログバが先発メンバーに居なかったのも少し意外だったが、苦しみながらもなんとかおさえることができた。

後半になると、香川が目立たない。
特に前半からパスミスもあり、強化試合での調子の良さや積極性がウソのようだった。

ボランチに遠藤ではなくディフェンスが良い山口を入れていたので、なんとか中盤からのチェックも良かったのかもしれない。

ザッケローニが動き、長谷部に代えて遠藤を投入した。
金澤敏明の考えでは、今の日本のボランチはディフェンスの能力が高い選手を使うほうがいいと思う。

格下相手に失点が続いている状況で、本大会に出場するチームを無失点に抑えることは非常に難しいと思う。

遠藤を使うなら、一つポジションを上にして、ボランチは2枚残した状況にしたほうが良いのでは?と思っている。

本田を最前線にして、遠藤をトップしたかボランチの少し上でセントラルMFの位置にするか、トリプルボランチにするとかがよい気がする。

ボールへの早いチェックとバランスを考えたポジショニングをするディフェンスが必要だと思う。
遠藤選手はやや攻撃的で、動き回るイメージではない。
長谷部選手も、万全な状況とは言いがたく途中交代が必要だったかもしれないが、リードしている状況でもあったので、動けるMFを投入する方がよかったと思う。

ドログバ投入で一気に流れがかわる

必要以上に気にし過ぎてしまったのかもしれない。
投入直後から、DFラインがドログバの位置をかなり気にして、他のアタッカーへの警戒を怠った感じがする。

日本の得意サイドの左サイドから2失点。
しかも約2分の間に。

どちらも、左サイドからアーリークロス気味の低くて早いボールをニアサイドで合わせられた。

センタリングが簡単に上がってしまったのも問題だった。
長友がしっかりマークつくのか?
香川が下がってきてサイドの選手をチェックするのか?

また中のマークも少しあまい。
ニアであわせた選手が簡単にフリーになっている。

少し遅れても体を寄せたりとかシュートコースを消すなどをしないといけないのだが、2失点ともそれができない状況だった。

あれでは、川島もなすすべもなかった。

ギリシャ戦に勝ち点3が絶対状況

次のギリシャ戦は、どちらのチームも負けたら終了になる。
コロンビアとコートジボワールの結果次第では、この先がかなり厳しくなる。

引き分けでどちらも勝ち点4になると、最終戦にコロンビア戦を残している日本は厳しい。
コロンビアに勝ってもらって、最終戦メンバーを落としたコロンビアと戦えれば勝機もあると思う。
コートジボワールが勝利すると、最終戦がホームのようにサポーターがくるコロンビアのベストメンバーと戦わなくてはならなくなる。

日本にとっては初戦を落とした時点でかなり厳しい状況になるのは分かっていたことだ。
あまりサッカーに詳しくない人は、格下のコートジボワールに負けたぐらいに思ってしまうかもしれない。
それは、間違いで、相手は格上なのに、日本のサッカー評論家が悪い勘違いさせるような予想をするのが悪いのかもしれない。
当たり前のように日本勝利か引き分けの予想しかしなかったからだ。

金澤敏明に言わせれば、そんなことはただの願望であって予想ではない。
プロなら自分の願望を押し殺した厳しい予想をしてほしいものだ。

世界のフットボール関係者に予想させたら、コートジボワールが引き分けあるいは勝つと予想する人が7割ぐらいだろうと思う。

次のギリシャ戦に必要なのは、前からチェックをする走れるサッカーをすることだと思う。
そしてむやみにファールをして、相手のストロングポイントの高さをいかしたセットプレーをさせないことだと思う。

できれば日本代表に決勝トーナメント進出をしてほしいと金澤敏明も願っています。
日本らしいサッカーで、世界にアジアのサッカーも凄いことを証明してほしい。

 - ワールドカップ