2026年W杯から出場枠拡大 実績のないアジアが大幅増の8枠へ

   

2026年のワールドカップ大会から、出場枠が現状の32枠から48枠へ増枠される事が正式に発表されました。

これにより各大陸の出場枠も増加されました。

高待遇を受けるアジア


16枠の増加に伴い振り分けはこのようになりました。

ヨーロッパ   13枠→16枠
南米      4.5枠→6枠
北中米アメリカ 4.5枠→6枠
アフリカ    5枠→9枠
アジア     4.5枠→8枠
オセアニア   0.5枠→1枠

残りの2枠は、6カ国によるプレーオフがW杯開催国で前年に行われて決まるとのことです。

この振り分けを見てみなさんはどのように感じますか?
金澤敏明は、不満しかありません。

W杯は、どの試合をとっても高レベルな試合であるべきだと思います。
現状のアジアのレベルを考えれば、8枠は多すぎると思います。
せいぜい6枠で十分なレベルなはずです。

逆にヨーロッパや南米などの強豪国を多く抱える大陸は、今回も増加枠は少なかったと思います。
もっと強豪国が出場できるような分配にしてもらいたかったと金澤は率直に思いました。

アジア枠を増加させるメリットは、これまでアジアから出場がなかなかできないが、多額のスポンサー料や視聴料が期待できる中国やUAEなどを出場させる事による、FIFAの金銭面ぐらいだと思います。

元々この増枠は、収益を考えて行われたものなので、ある意味では的を得ているのかもしれませんが、選手たちは、限られた期間内で試合数の増加やレベル低下による危険なプレーのリスクなども考えなくてはいけないと思います。

 

開催国にもデメリットか?

ワールドカップのような大きな大会になるとテロの標的になることも考え厳重な警備が必要になります。

出場国が増えると自ずと試合数も増え警備する側も人数を増やす必要もあります。
また多くの国や地域の人が訪れる事により、不審者や不審な行動を見分ける難しさもでてくるかもしれません。

開催国には、スタジアムの準備も大変だと思います。
日程がどうなるのかわかりませんが、もしかしたら今まで以上のスタジアム数を用意しなくてはいけなくなるかもしれません。

FIFAの規定に沿った動員数のスタジアム建設や増築を強いられる可能性もあり、W杯招致がその国とって赤字になってしまう可能性すらも出てくるかもしれません。

スポーツの祭典と言われるオリンピックも過去は、招致すれば大幅な黒字が見込めるという事で話題でしたが、今では、建設費や警備費などで赤字になることが多くなって旨味がなくなったとも言われています。

W杯のような大会は、サッカー選手が国を背負って戦う名誉の大会で、収益性を追求する大会にならないでもらいたいと、いちサッカーファンとして言いたいです。

サッカーの質の低下に繋がれば、ワールドカップよりチャンピオンズリーグやリベルタドーレス杯の方がレベルが高くて面白いと4年に一度しか開催されないワールドカップの格が落ちてしまうかもしれません。

 - ワールドカップ