イニエスタが大活躍したバルセロナVSアラベス

   

カップ戦ということもあり、主力を何人か休めるために、メンバーはベストではなかった。
本当はあまりこの試合の事を書く気はなかったのだが、最近記事を書いていないのもあったし、なによりイニエスタの芸術的なシュートもあったので書くことを決意しました!

ベストじゃなくてもこのメンバー

この試合、メッシ、シャビ、バルデス、アルバ、ペドロなどが出場しませんでした。

それでも、イニエスタ、セスク、ビジャ、アウベス、ブスケツともの凄いメンバーです。

代わりに入ったメンバーでも、バルサらしいサッカーは健在なのです。

それは中核となる、イニエスタやブスケツなど、パスの起点になる選手が数人いるので、問題なく機能してしまいます。

唯一違うのは、メッシの1対1が無くなったことぐらいですね。ってこれがとても大きなことなんですが、メッシ抜きでも強いのがバルサなのです。

シャビがいないので、パス回しや、個人のボールキープは、勿論落ちますが、控えに回っていた選手達も十分なテクニックと、戦術理解度を持っています。

イニエスタの大活躍

先に結果言ってしまいます。3-0でバルセロナが勝ちました。
今回はイニエスタの活躍を書きたかったので!

まずは、先制点のシーン。
左サイドの、イニエスタから、ビジャへのパス。

これが、無回転のパスでした。イニエスタとビジャへの間に、DFが1枚いたのですが、無回転のおかげ?でヘッドでクリアーすることが出来なかった。

しかし、イニエスタのパスももの凄かったんですが、それをピタッとトラップしてみせたビジャももの凄い技術でした。
それをビジャが落ち着いて左足で凄いコースにシュートを決めてみせた。

さすがビジャです。昨季はケガでほとんど試合に出れなかったですが、今季はかなりの活躍が期待できそうですね。バルサファンの金澤敏明には嬉しい限りです。

そして、後半に右サイドの高い位置でボールを奪うと右サイドからマイナスのパスをビジャがエリアの外にいたイニエスタへパス。

それをイニエスタがダイレクトでシュート。あの時のキーパーの位置では、絶対に取れないコースへの見事なシュートだった。ゴールの右上隅にカーブをかけながらの落ちてくるやわらかいボールだった。

決してキーパーの位置取りが悪かった訳ではない。それほど見事なシュートだった。

いつもみたいなバルセロナの、もの凄いボール回しとは行かなかったが、これメンバーでも、凄いサッカーを見せられるバルセロナはやっぱり凄い好きです。

これからも魅せながら勝つサッカーを楽しみにしたいと思います。

 - リーガエスパニョーラ