リオオリンピック出場が絶望的になったなでしこジャパン

   

久しぶりに女子サッカーの話題を書こうと思いますが、残念な話題になってしまうことが、非常に心苦しくも感じます。

リオオリンピック出場のためにアジア予選に挑んでいたなでしこジャパンでしたが、出場は絶望的な状況となりました。
はっきり言えば、不可能だと言っても良いほどの状況だと金澤敏明でも言いきれます。

まさかの初戦でオーストラリアに1-3で敗れるスタートから全てが始まりました。

まさかの敗戦や失点

澤選手が引退して、新生なでしこジャパンとしてスタートしたのですが、ホームで恥ずかしい試合の連続にがっかりさせられました。

男子と違い世界で対等に戦える日本女子サッカーのレベルで国民からも非常に応援されていて、あきらかに女子サッカー人気も上がってきているなでしこジャパンでしたが、ホームおこなえる圧倒的なアドバンテージにも関わらず、ここまでの3試合で1勝もできない状況となっています。

1分2敗で、しかも2敗した相手が現在1位と2位なので、直接叩く事もできない最悪の状況となっています。

澤選手が抜けたから弱くなったというわけではないはずです。
昨年行われた女子のワールドカップでも澤選手は毎試合スタメン出場していたわけではありません。
それを考えれば、今回も澤選手なしでも十分にやれたはずです。
しかもホーム開催の予選と最高の条件で戦えているのです。

しかし結果は、未だに未勝利。
韓国戦は、試合終盤に先制点をあげて逃げ切ると思ったら終了間際に同点ゴールを奪われてしまいました。

世代交代が難航しているツケ

これまでも結果を残していたのは、ベテランや慣れ親しんだメンバーで挑んだ大会ばかりで、若手中心で挑む大会は今までも結果がついてこなかった。

佐々木監督は、世代交代を図ろうと頑張っていただけに監督に責任を押し付けることはできないと思う。

厳しい言い方をしてしまえば、若手が今の主力のレベルに無いか、チームにフィットする動きをできないのが原因としか言いようが無い。

ある意味ここまで結果を残してたきたなでしこジャパンは黄金世代だったと見るほうがただしいのかもしれない。
ベテランになり昔ほどのパフォーマンスができなくなったり、伸びしろが小さく若手が台頭する世界のチームとの差がどんどん縮まってしまい結果がでない。

そうなると負の連鎖で勝ち癖がつくこともなく勝負弱くライバルに敗れて自信を無くして行く。
まさに今の代表がそんな感じだと金澤敏明は思います。

過密日程は他のチームも同じ条件なので、理由にはできません。
オリンピックという大きな目標は事実上絶たれましたが、若手育成も兼ねて残りの2戦は若手主体で新たななでしこジャパンをみせてもらいたいと思います。

 - サッカーその他の話