ドルトムント香川の好調が続く

   

ドイツのブンデスリーガーで活躍が続いている香川選手。
マンチェスターユナイテッド移籍前に活躍していた当時のような良いパフォーマンスが続いています。

3アシストを記録した試合に続き、カップ戦でもしっかりとゴールを決めて存在感をしましました。
ドルトムントは大量得点を奪うことが多いのが今シーズンの特徴でもあります。

香川も得点に絡むシーンが非常に増えています。
直接ゴールこそやや少なく感じますが、アシストもしっかりとマークしているし、起点になるプレイも増えています。

まだまだ決定機をはずしてしまう場面もあり、修正できる箇所があるということは、成長の余地もあり今後の活躍も非常に期待できると金澤敏明は考えています。

なぜ日本代表では目立つ活躍が少ないのか?

このドルトムントでの活躍を考えると日本代表でも大活躍してもおかしくないのですが、代表では圧倒的なパフォーマンスはなかなかみれません。

システムや戦術が違うというのもあるとは思いますが、周りの選手の動きにも大きな問題があると思います。
最前線で厳しいマークの中でもしっかりとボールを収めることができるセンターフォワードや裏への抜け出しが上手い選手などドルトムントはやはりレベルの高い選手がしっかりと働いていると思います。

例えば日本代表の1トップを任されている岡崎選手が裏に抜け出してもドリブルの途中で追いつかれてしまって1対1が得意ではないので決定機になりきらない事もあると思います。
最近では宇佐美選手や乾選手、原口選手とドリブルで1対1で勝負する選手も出てきていますが、一人交わしてゴールというような場面はなかなか見せられない状況です。

周りの動きがよくなれば、香川選手はパス技術も向上しているように見えるので、チャンスメイクもできと思いますし、自らゴールを奪うチャンスの場面をつくれると金澤敏明は思っています。

サッカーは一人でどうにかできるスポーツではないと思うので、思うように試合に出れていないミランの本田選手などのコンディションなども非常に重要にはなると思います。
これまで香川が活躍してきた時にCFWのポジションにいたレヴァンドフスキやオーバメンヤンのような圧倒的な武器があるFWが居るとトップ下も動きやすいはずです。

香川のポテンシャルを引き出すためにも、日本にも本格的なCFWが出てきてほしいです。

 - サッカーその他の話