クラブワールドカップが開幕する

   

今年はモロッコで開催されるクラブワールドカップ。

毎年ですが優勝候補はヨーロッパのチャンピオンズリーグを勝ったチームです。
今年の代表は、スペインのレアル・マドリードです。

大きな補強と放出の両方があり心配されましたが、今年のレアルは非常に強いと言われています。
特にクリスティアーノ・ロナウドは、とてつもない勢いでゴールを量産しています。

ディ・マリアやシャビ・アロンソなど中心メンバーが抜けましたが、クロースがかなりのチームにフィットしています。

準決勝から出場するシードですが、間違いなく決勝には上がってくるはずです。

ほぼ毎年ヨーロッパ代表と南米王者の戦いになります。
今年は、南米王者が名門クラブではないサンロレンソというクラブです。

金澤敏明もこのチームの情報は知りません。
テレビで少し紹介されていたのは、ボランチの2枚がこのチームの軸になるようです。

ヨーロッパ王者相手以外には、真っ向勝負でいけると思いますが、さすがにレアル相手になるとカウンター狙いのディフェンシブな戦いになるはずです。

どれほどのポテンシャルを持っているのかも未知数です。

しかし今年の大会はレアル・マドリードがどのようにして勝つのかが注目になっています。

控えメンバーを多く使っても優勝できるんじゃないかというほど他チームとは力の差があるはずです。

ハメス・ロドリゲス、ケディラ、モドリッチ、ベイル、クロース、イスコ、イジャラメンディと中盤は非常にタレントは豊富です。

トップには、ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウド、ハビエル・エルナンデスと豪華メンバーです。

レアルの初戦は17日の準決勝からですので、楽しみにしましょう。

 - サッカーその他の話