2014FIFAプスカシュ賞の候補10ゴールに佐藤寿人が残る

   

FIFAが発表する年間ベストゴールの候補にJリーグのサンフレッチェ広島の佐藤寿人選手のゴールがノミネートされています。

最終の10候補まで残ったのは凄いと思います。

全てのノミネートのゴールを見せてもらいましたが、金澤敏明の中で1番は、やはりオーストラリア代表のケーヒルがワールドカップでみせた後方から来るロングボールをダイレクトボレーで決めたゴールだと思います。

ワールドカップのゴールでは、レアルに移籍したハメス・ロドリゲスの胸トラップからのボレーと、ファン・ペルシーのキーパーの頭を越えるループ気味のダイビングヘッドもノミネートされています。

多分それぞれの好みがあるので、1択とはならないと思います。
たまに誰が見てもこれしかないって年もあったりすると思いますが、今年の場合はそうはいかないと思います。

他には、サンベッソのダイレクトプレーからのジャンピングボレーも素晴らしかったですね。
そしてカサミの斜めに流れながら胸トラップからのシュートも好きです。

それにしても相変わらずイブラヒモヴィッチはトリッキーなシュートをしますね。
どのゴールが選ばれるのか楽しみです。

下のサイトでベストゴールの投票とそれぞれのゴールを観ることができます!
http://www.fifa.com/ballon-dor/puskas-award/index.html

 - サッカーその他の話