移籍や契約のお話

   

スナイデルがまさかのトルコリーグ

お久しぶりの更新になります。

サッカー大好きな金澤敏明です。

インテルに所属していたスナイデルがガラタサライに移籍することが発表されました。

インテルと契約延長で平行線をたどり、どこかに移籍するのは間違いないと思っていたのですが、まさかのガラタサライでした。

オランダ代表の中心選手のスナイデルなので、移籍先はプレミアかなと思っていたのですが残念です。

マンUなんかに移籍してくれれば、ルーニーとファンペルシーとのコンビが見れるなと思ってたんですがね。

一時少しだけ話題になったのですが、やはりファンペルシー獲得でかなりのお金を使ってしまったのもあるのですかね?

マンUには、C・ロナウドの移籍か?っという話もしましたが、あれはどうやらガセだったようですね!ロナウド自体が、レアルを出るつもりはないと言ってましたね。

しかし、火の無い所に煙はたたずというぐらいですから、少しはチームメイトあるいは、サポーターに不満がありそうな感じはしますけどね。

スナイデルは、もっとビッククラブで活躍している所を見たかったのが本音ですが、頑張ってもらいたいですね。

長友は一番の友達が居なくなって、寂しくならないかな?

なんて少し心配になっちゃいます。

注目のアシュリー・コールは契約延長

こちらはチェルシーのDFのアシュリー・コールのお話です。

動向が注目されていたサイドバックですが、どうやらチェルシーとの契約延長が決まったようです。

彼には、レアル・マドリードも獲得に乗り出すのではと言われていました。

金澤敏明が思うに、彼は世界でも3本の指に入るのではと思うサイドバックです。

どこのチームもお金があるのなら、彼を獲得したいはずです。

レアルはファビオ・コエントランの移籍の話が浮上するなどして、サイドバックの強化を急いでいると言われていましたので、アシュリー・コールを獲得するのかな?と思っていました。

なんとその時に、どこの新聞かは知りませんが、長友の名前も挙がっていました!!

さすがにそれはないと思いますが、名前が挙がるだけでも凄い事だと思います。

正直、今の日本人の中では、レアルに行ける可能性が一番高いのは、長友なのかもしれません。

本田は行きたいと熱望しているようですが、正直ポジションが激戦区過ぎだと思いますね。

しかも今はエジルという、世界屈指のOMFがいますしね!

ちなみに私の好きなバルセロナはまさかの敗戦でした。

今期のリーグ戦では初の敗戦になります。

得点は2点とそれなりだったのですが、まさかの3失点でした。

無敗での優勝を期待していただけに残念ですが、首位はまだ独走中です。

最近なんかレアル関連の記事を書くことが多くて、自分でもビックリですが、今後はまた金澤敏明の好きなバルセロナ中心の話にしたいと考えています。

それでは、今日はここまでにします。

それでは、また!

 - サッカーその他の話