日本VSフランス(2)

      2012/10/23

後半戦スタート

今回は親善試合のために、6人交代ができるので、日本代表は前半戦の出来があれだけ悪かったので、後半のスタートから選手交代をしてくると思ったのだがメンバーはそのままだった。前半戦の模様を読んでいない方は先にこちらをご覧ください。日本VSフランス(1)逆にフランスはベンゼマなど2人代えてきた。余裕の選手交代かもしれません。この後にW杯予選でスペイン戦があるので、疲れを残さないための交代でしょう。

前半戦に比べて、ボールキープはやや出来るようになってきてます。シュートを打つ気持ちも感じられ、ミドルシュートも打ち始めました。

後半16分過ぎから中村憲に代わって乾、長谷部に代わって、細貝とメンバー交代しました。
これにより香川がセンターの位置に入り、乾が得意の左サイドで元セレッソの選手が2列目を独占。そう考えるセレッソって凄かったんだなと思ってしまった。

後半20分過ぎに、ついにフランスのスターのリべリが投入された。

しかしこの時間は、ほぼ互角の展開で試合が進む。日本もMFの選手でボールが落ち着くようになって攻めの時間が出来るようになった。

後半32分ぐらいにフランスの左サイドの攻撃からジルーのオーバーヘッドがそれて途中交代で入っていたゴミスヘディングシュートでゴールをしたが、オフサイドの判定。

この時間帯ぐらいからフランスの攻め疲れが見えてきていた。

まさかのカウンターが炸裂

後半の42分このまま試合は0-0のままかと思っていたが、フランスのコーナーキックのこぼれ球から、DFの今野が拾いそのままドリブル開始。フランスは戻りきれていない。

50mぐらいフリーでドリブルDFは3人。味方は香川がDFライン上にいて、左サイドには乾、右サイドに長友がいち早く反応して、フリーで上がってきている。それに続いて途中交代で入った髙橋も上がってくる。

今野が溜めてDFのチェックが入る瞬間に右の長友へ、そのボールを長友がエリアの中でフリーで受け、キーパーが距離を詰めに来る。たがダイレクトで中へ折り返し、香川がこれに合わせて無人のゴールを揺らす。日本まさかの先制!

このゴールは、今野が我慢してドリブルしたのが結果的に素晴らしかった。
あまり得意ではなさそうなので、早めに捌いてしまうのではないかと思っていたのだが、我慢が出来たのがよかった。

また長友も前半から、あれだけ上がり下がりを繰り返していたのに、素晴らしいランニングだった。スタミナはまさに驚異だ。後半の半分を過ぎたあたりから、相手ゴールギリギリまでえぐる攻めを見せていて、相手DFは対応ができていなかった。

試合はこのまま終了。日本は親善試合とはいえ、フランス相手に初勝利をあげた。

これで16日に行われるブラジル戦も楽しみだ。

 - 代表の試合