ブラジルとの親善試合は4-0の大敗

   

監督がアギーレになってから初のブラジル戦がシンガポールで行われた。

この試合では、若手のおためしの場になった。
先発に本田など主力の名前はなかった。

この試合は、アジアカップの為の選手選考のために使ったアギーレ監督。
これ自体は別に悪い事ではないと金澤敏明は思ったが、今回は第3国で行われた試合だったので、ある程度のレギュラーメンバーで前半だけでも戦ってほしかった面もある。

ブラジルという世界的なサッカー大国との試合で、相手は主力のネイマールやオスカルなどを先発させていることを考えると、格下の日本がこんなメンバーで戦うのは失礼だと思うし、今後ブラジルが戦ってくれなくなるなんてことがあると怖い。

ホームで格下相手や、主力ではないチーム構成で来日した相手に今回のような若手主体でどれくらいできるのかを試すのに使うのは大いに結構だが、ブラジル相手に若手のお試しをするなんて勿体無いとしか金澤敏明には思えなかった。

いくつか収穫もあったと思う。
FC東京の太田は左サイドバックで長友とポジションが被るが、予想以上に積極的に効果的なアーリークロスをあげたりと、前半は少ないチャンスを作っていたので、合格点を挙げたい内容だった。

しかし、同じ左サイドの田中はあまり評価できる内容ではなかった。
積極的な1対1を仕掛けるわけでもなく、ただ前のパスコースを探すだけに映ってしまった。
そしてバックパスをするしかなかった。
周りのフォローが少ないのも原因だが、積極的な勝負をしてほしかった。

ディフェンスラインは、やはりネイマールに手を焼いた。
他のサッカー強豪国の世界的なDFでも、1試合完璧に抑えることは難しい選手だが、何かしらの対策もなしに普通に相手をしてしまったら日本代表のDFは抑える事は不可能に近い。

スペースを与えて1対1になったらどうにもならないので、その前に1対1にならない状況を作るか、楽な形でボールを持てないようにある程度パスコースを切って、狭いスペースでボールを持たせることをしなくては、あれだけの選手は簡単にゴールに繋がる仕事をしてしまう。
屈辱的な1試合4得点を決められてしまった。

ブラジルとの試合はいつもこのくらいのスコアになるのが気になる。
ディフェンスだけに集中すれば、もう少し失点は抑えられるだろうが、少しでも得点を狙いに行くと大量失点つながる。

ドゥンガが監督になってからブラジルが大量得点を獲ったのはこの試合が初めてというのも非常に残念だ。

あちらもまだサッカーが成熟しているわけではないのだから、この結果はやられすぎだとしか言いようがない。

今は選手を試す期間だと割り切って、来年には強い日本代表をみせてほしいと思う。

 - 代表の試合