アギーレ監督が選んだ日本代表メンバー

   

9月5日と9日に行われるウルグアイ代表とベネズエラ代表との対戦に向けて、日本代表メンバーをアギーレ監督になってから初めて発表された。

どのような選手を選ぶのか、かなりの注目が集まっていた。

予想通りなのかベテランが少し減ったイメージで、このブログでも予想したように遠藤選手は見送られた。

アギーレの好むタイプではないのか、実力は認めているが、今後を考えて今回はパスしたのかはわからないが、少しフレッシュな代表メンバーになった。

他のW杯組みからは、マンチェスター・ユナイテッドの香川も試合中の脳震盪での途中交代のあった香川は呼ばれなかった。

またザック時代にディフェンスの中心として呼ばれ続けていた今野も今回は見送られた。

これには、金澤敏明も賛成だ。
若手のフィジカルの強い選手を代表で経験値を積ませて育てる必要があると思う。

今野選手は、個人的にはボランチで活躍できる人だと思っている。
ディフェンスとしては、少しサイズが寂しいのは事実だと思う。

初選出が5人

今回の召集で初選出されたのが、FW皆川佑介、FW武藤嘉紀、MF森岡亮太、DF坂井達弥、DF松原健の5人だ。

Jリーグを観戦しない金澤敏明には、ピンと来る選手はいない。
クラブチームでどれくらいの実績を残しているのかもわからない。

しかしアギーレが選んだのだから、彼のやりたいサッカーに適している可能性があるのは間違いないのだろう。

ボールを持っていないときの動きなど、かなり走ることが必要になりそうなアギーレの目指すサッカー。
動きの量だけではなく、質も求められるかもしれない。

若手に多くのチャンスをあたえるいろいろ試す時期でもあり、このような選出はどんどんして、今後に活かしてもらいたい。

扇原など、ボランチで今後が期待できる選手が選出されているのも注目だ。
柴崎も将来を期待されている選手でもあり、楽しみな選手だ。

そして予想通り細貝選手は選ばれましたね。
彼は、複数のポジションをこなせるし、ボールへのチェックを怠らない選手だ。
私の予想では、アギーレが好む選手の一人だと思う。

今回の代表選手で少し残念だったのが、ミランの本田選手が呼ばれてしまったことだ。
呼ばれることは名誉なことだし、アギーレも本田とよく喋ってみたいし、直接どんなプレーをするのか見たいのはあったと思うが、彼は今ミランで活躍するために非常に大事な時だ。

チームに馴染めずに結果が出せなくて苦労してたが、ここ何試合かはようやくフィットしてきていた。
今はとても大事な時期だったので、できればクラブチームに専念させてほしかった。

9/5のアギーレの初陣に注目してみよう。

 - 代表の試合