コンフェデ結果の感想

   

前回のコンフェデの結果に引き続き、今回はコンフェデの金澤敏明の感想を書きたいと思います。

何もできなかったブラジル戦は、書くこともほとんどありません。
先制点は取られたものの、サイドバックの内田がよくネイマールを抑えたぐらいかもしれません。

そして0トップシステム
あるいは、本田の1トップシステム、岡崎のトップに置くシステムが今の日本ではあまり機能しないことがわかった試合でもあります。

2戦目のイタリア戦は収穫と課題の両方ある試合でした。

オフェンスに関して言えば、上出来だったと思います。
パスが凄い回っていましたし、チャンスもしっかり作っていました。

決定機を考えればもう1点あってもよかったぐらいですが、3得点は上出来です。

イタリアがあまり高い位置から、チェックに来なかったのも日本にとっては良かったのだと思います。
そして、予想以上に疲れていたイタリアって感じもしました。

まさに勝てる試合でした。それだけに勿体無い気がします。

ディフェンスは問題が多くあります。
特にここの所の吉田麻は、ちょっと中途半端な判断が目立ちます。
この日の内田のオウンゴールも吉田が原因です。

コーナーキックにするか、ボールを見送ってゴールキックにするかとても中途半端で、体を入れ替えられ決定機を謙譲して、失点に結びつきました。

ほかのプレーでも、マークに付ききれないなどもありました。
身長も高いセンターバックとしてこれかも更なる活躍が期待されているだけに、こんな大きな試合でのミスの連発いただけません。

またサイドバックとの連携もあまり良かったとは思いません。
ディフェンスラインにも問題がある気がします。

3戦目のメキシコ戦は、今の実力だと思います。

チャンスの時間も作れましたが、得点にはならなかった前半。
逆にメキシコ代表に、時間をつくらせてしまったらあっさり失点してしまいました。

ここが世界との差だと思います。
自分達のペースの時にしっかり得点して、相手のペースのときはなんとか無失点で食い止めることができるのが、世界のトップチームだと思います。

日本の特徴は、パス回しだと言われていますが、世界のトップチーム相手になると、ある条件が整わないと良さが出ません。

条件は、相手が疲れてチェックが甘くなった時。
そして、相手がディフェンスに集中した時。

この二つが世界を相手にしても良いサッカーをする時だと思います。
まだ、自分達で集中して長い時間パス回しできるようなリズムを作ることはなかなかできません。

やろうとしても中盤あたりの早いチェックで囲まれてパスミスをすることが目立ちます。
三角の形を作っていても、そこへのパスを狙われていたりと、もらう側のポジショニングにもやや問題があるかもしれません。

スペインのように、強いショートパスをしっかりと自分の置きたいポジションにトラップすることができないと厳しい状況になります。
激しいプレスがなければ、日本代表でもしっかりとできるとは思いますが、試合中のプレスの中ではなかなか落ち着いてできないのが今の日本の力だと思います。

あまりサッカーに詳しくない、にわかファンの方は、日本の本当の力を勘違いしてしまっていたと思うので、これで目が覚めたと思います。

確かにここ最近は日本代表は力をつけていますが、それでも各大陸のチャンピオン達はフィジカルも含め強いです。

今回のメキシコ、イタリア、ブラジルはワールドカップの決勝大会(16強)の常連チームです。
個人的には1分けできればいいかなと思っていました。

収穫のなかったブラジル戦は別として、ホーム以外で強い相手と戦うことにより、いろいろと見えてくるものはあると思います。

これを糧にして、チーム力と個人の課題をクリアーしていけば、来年の本番では、好結果が残せるチームになっていくかもしれません。

 - 代表の試合