コンフェデの結果

      2013/06/26

こんにちは、ご無沙汰しています金澤敏明です。

日本代表がコンフェデレーションズカップに挑みました。

同じグループは、開催国のブラジル、ユーロの準優勝国のイタリア、メキシコ、そして日本でした。

先に言っておきますが、今回はあまり期待していませんでしたので、観れる試合だけ観て、あとはハイライトなどしか観ていません。

初戦はブラジル戦でした

途中まで観ていたのですが、睡魔に負けて途中で寝てしまいましたが、結果は3-0の負け。
去年のブラジル戦は4-0だったので、1失点少ないですが、内容は去年以下と言っていい結果でした。

昨年は4-0でも、攻撃の形もしっかりあり、得点のチャンスもあり、点差ほどの力の差は感じませんでしたが、今回の試合は良い所を見つけるのが非常に難しい試合でした。

はっきり言って収穫なしって所でした。
ネイマールのシュートなど防ぎようがない失点もありましたので、しょうがない失点などもありましたが、攻撃には迫力もなく、ボール回しもままならない状況で、日本の良さは全くみられませんでした。

続くイタリア戦

この試合は、4-3と接戦で負けました。
金澤の個人的な予想では、2-0で負けるかなと思っていたし、仕事だったため観ることができませんでした。

しかし、この試合では最近の日本の試合では、一番のデキだったと思います。

岡崎の突破をブッフォンがファールしてPK獲得。
それを、本田が落ちついてゴール右隅に蹴りこみ先制しました。

今まで本田が真ん中に蹴る確率の高さを知っていたブッフォンはサイドに飛ばずに真ん中で待ちましたが、ブッフォンを観ながら蹴った本田は、楽にサイドに蹴りこみました。

普通キーパーはどちらかのサイドに飛びますが、本田が今まで真ん中を攻めていたデータのおかげで、普通の人が蹴るより、キーパーの選択肢の割合は、真ん中で動かないといった選択肢に比重を高くするしかありません。

ある意味、今の本田のPKの成功率は、他の選手より高くなっていると思います。

前半に、コーナーキックのこぼれ玉から香川の見事なボレーで追加点を奪い2-0とリードします。

残念だったのが、前半の終了間際に1点を返されてしまったことですね。

そして後半に同点、さらに逆転のゴールを奪われます。
長谷部のハンドによるPKは事故ですから少し付いてない感じはしました。

イエローカードはやりすぎで、カードの必要性はありません。
全くの故意ではなかったし、当たってしまっただけだったのですから。
あれでカードなら、ペナルティーエリア内で相手の手を狙えば、カード&PKが乱発することになります。

今回は、前半に日本がPKを貰っていたので、PKになった可能性は否めません。
サッカーではありがちで、PKを1回貰うと、審判も相手側に対してPKを与えやすくなります。

逆転された日本ですが、ボール回しもでき押しに押します。
そして、遠藤のフリーキックから岡崎がニアに飛び込みヘッドで同点ゴールを奪います。

その後も、日本にはビックチャンスがありました。
フリーの岡崎のシュートはポスト直撃してしまいましたが、そのボールがノーマークの香川の前に飛んできて、そのボールをヘッド無人のゴールに叩きつけましたが、まさかのバー直撃とビックチャンスを2度はずしました。

終了間際に、カウンターからサイドを突破され勝ち越しゴールを奪われ4-3でした。

メキシコ戦

期待されたこの試合でしたが、スタートは好調でしたが、オフサイドの判定になかされ先制点は奪えませんでした。

そして半ばぐらいから、メキシコの猛攻にあい、サイドからの崩しで、フェルナンデスをフリーで飛び込ませてしまい失点します。

後半にも、コーナーキックから、ニアでそらされたボールをまたしてもフェルナンデスに頭で決められ、2-0。

終盤にキレイな崩しから、遠藤の折り返しを岡崎が決めて1点を返しましたが、2-1での敗戦になりました。

3戦全敗という結果になった日本代表のコンフェデ。
次回は、感想を書いていきたいと思います

 - 代表の試合