ボールボーイにイライラして問題行動してしまいレッドカード

   

ボールボーイを小突くという失態を犯してしまいサッカーファンだけでなく、多くの批判を浴びているJ2徳島のDF馬渡和彰選手。

処分が決定するまでは、謹慎という処置になったようです。
数試合の出場停止は避けられない状況だと思います。
また罰金処分もあると思います。

金澤敏明も動画で確認しましたが、イライラして詰め寄りながら軽く小突いてしまっていましたね。
手を出してはいけないのは大前提ですが、馬渡選手の立場で少し考えてみたいと思います。

 

直ぐにボールがもらえれば大チャンスだった?

問題の場面はカウンターからサイドバックの馬渡選手が左サイドから抜け出せるチャンスをキーパーが前に出てクリアーした場面でした。

この時点で、キーパーはゴール前から離れており相手ゴールは、無人の状態。
マイボールでチャンスだと思った馬渡選手は、素早くスローインして得点のチャンスに繋げたかった。

スローインには、オフサイドがないのでGKが居ない状況は大チャンスになります。
しかし、ボールボーイが直ぐにボールを渡してくれなかったので、時間がかかり相手DFが戻って来てしまい、カウンターは失敗。

馬渡選手がボールボーイに詰め寄り、目の前に来たところでボールを投げ渡されました。
その行為と早く渡さなかった行為に馬渡選手は怒ってしまったんだと思います。

ボールボーイの彼は、どちらのボールかわからなかったので、審判の判断を仰ぎたかったと話していたようですが、ボールを渡してスローインでリスタートしても、もし逆のボールでもやり直しになるだけなので、選手に渡しても問題はなかったと思います。

私は、少しだけ馬渡選手の気持ちも分かります。
しかし、暴力は絶対によくありません。
多分ボランティアで参加してくれている子供ですし、イライラの気持ちがあっても試合後にJリーグ試合運営関係者に問題点を指摘するような抗議の仕方をするべきだったと思います。

しかし、試合をしているプロたちは、1つのプレイで今後のサッカー人生のキャリアが変わってもおかしくないほどの真剣な試合をしているので、試合の流れに水を差すような事がないようにボランティアで参加してくれている子供にも、ただボールを渡すだけの役割と考えさせず、しっかりと試合に関わっているという事を徹底するべきだと思います。

馬渡選手は、しっかりと反省して技術だけでなく、精神面も鍛えたほうが良いかもしれません。

本人は、しっかりと反省をコメントで発表しており、馬渡選手だけでなく、Jリーグ全体で今後このような事が無いように再発防止に努めてもらいたいです。

 - Jリーグ情報