EURO2016優勝のポルトガルの誤算と幸運

   

EURO2016は、ポルトガルの初優勝という結果で幕を下ろしました。
下馬評では圧倒的にフランスが有利と思われていました。

そして前半にエースでキャプテンのクリスティアーノ・ロナウドが負傷交代してしまうという最悪の状況でしたが、延長戦で決勝ゴールを奪って見事初優勝となりました。

 

エースが居なくなり逆にまとまる?

ロナウドが負傷交代したことにより、他のメンバーにもそれぞれ気持ちに変化が出たような気が金澤敏明には感じ取れました。

ここまでチームを引っぱって来てくれたエースに初優勝という恩返しをしようと、チームが一丸となって連動していたように思えます。

交代時に涙を流しているようにみえたロナウドは、このピッチに立ち続けて絶対に優勝したかったという悔しさが表情からもみえていましたからね。

ディフェンスは特にまとまって意識的に連動していてかなり頑張っていた印象が強かったです。
しかしオフェンスでは、それほど決定的な場面は作れませんでした。
これは、仕方がないですが、この戦い方しかポルトガルには勝機はなかったのかもしれません。

 

フランスは決定機を逃し続ける

試合展開と内容は、圧倒的にフランスが優勢でした。
いつ得点を奪ってもおかしくない展開で、特にこの試合で印象的だったのが、MFのシソコと途中から投入されたFWのコマンでした。

シソコは積極的な攻撃参加に加えて、高いテクニックと正確なシュートでポルトガルゴールに何度も襲い掛かりましたが、ポルトガルのGKのルイ・パトリシオに幾度もファインセーブされて得点を奪えませんでした。

途中投入されたコマンは左サイドを幾度も突破して決定機を演出していました。
特に後半のグリーズマンへの決定的なセンタリング完璧でしたが、フリーのグリーズマンが外してしまいました。

センターフォアードのジルーも良い選手なのですが、このメンバーに入ると少し落ちる気がしてしまいます。
ベンゼマを使えていれば結果は大きく違った物になっていたと金澤敏明は推測します。

タラレバですが、彼が居れば優勝していたのは、フランスだったんじゃないかと思ってしまいます。

 

誤算からうまれたラッキーな道のり

予選のグループリーグで大苦戦して3分で3位通過して大苦戦だったポルトガル。
しかし、そのおかげで非常に楽なブロックに入ることができました。
これこそがポルトガルのEURO2016優勝に繋がる嬉しい誤算になったと思います。

初戦のクロアチアは優勝候補でしたが、それでも逆のブロックに入っていたらそれ以上に困難な相手との連続となっていたでしょう。

グループリーグでのポルトガルの戦いを見ていて優勝するなんて、とても想像できない状況でした。
しかし、ブロックに恵まれたので、初戦をなんとか乗り越えれば、決勝までは到達できるとは思っていました。

しかも決勝はエースが早々に負傷交代という大誤算でしたが、延長戦でのエデルのスーパーミドルで優勝となりました。
クラブチームでは数々のタイトルを獲得してきたロナウドでしたが、ポルトガル代表として初のビッグタイトル獲得ができたことは、非常に嬉しかったのではないでしょうか?

アイスランドにグループリーグで逆転されていなかったら、決勝トーナメントは、初戦のイングランド、次がフランス、そしてドイツという非常に厳しい連戦になっていたのですから、やはりあの3位になってしまった誤算が嬉しい誤算に変わったある意味で運を味方につけた大会だったのかもしれません。

素晴らしい大会だったと思います。

 - EURO2016