グアルディオラがマンチェスター・シティーの監督に決定!

   

バイエルンでの指揮を今年一杯で終了すると発表していたグアルディオラ監督が予てから噂されていたマンチェスター・シティーで来期から指揮をとることが決定した。

過去にもシティーで監督をする可能性はあったようだが、その時は契約にはいたらなかったようだ。
バルセロナでチャンピオンになり、バイエルンでもチャンピオンに導いた名将とも言われているが、グアルディオラ監督がこの所指揮しているチームは、世界屈指のタレントチームでもある。

シティーも潤沢な資金を投資して、スター選手をかき集めて一気に強くなってきたチームで、グアルディオラ監督の獲得して欲しいリストの要望には応えてくれるはずです。

昨年は、ベルギー代表のデ・ブルイネを約100億円以上の移籍金で獲得したりと毎年移籍期間では賑わしている。

バルセロナ時代に放出したヤヤ・トゥーレがチームでも中心選手でもあり、そのあたりどうなのか金澤敏明は楽しみです。
世界屈指のCFWのアグエロや各国の代表選手集団で現在もプレミアリーグで2位と優勝争いをしています。

リーグとしては、世界でもNo.1のプレミアでの指揮はやはり監督としては一度はやりたかったんだと思います。
プレミア勢は、チャンピオンズリーグでは優勝から遠ざかっている所もあり、どのようなチーム作りをして、どこまで進めるのか注目される。

サッカーのスタイルもポジッションサッカーが強くなるのは間違いなさそうで、ボールキープと高いパス能力の選手を好む可能性は高いので、夏の移籍期間では大きく動く可能性がありそうです。

他のチームの監督人事にも影響がありそう

シティーの監督にベップが決まりこれによって他の有力クラブの監督人事にも大きな影響を与えそうです。

例えば世界屈指の監督のモウリーニョ監督が次の就任先も気になります。
ユナイテッドとの噂もありますし、そのままファン・ハールが留任する可能性もあります。

また今までシティーを率いていたペジェグリーニもどこに行くのか気になります。
チェルシーの監督も臨時でヒディングとの話ですし、チェルシーの監督が誰にもなるのかもこれによって一気に話が進む可能性もありそうです。

個人的には、アトレティコのシメオネ監督のようにスーパースター軍団ではないチームで、世界屈指のバルセロナとレアル・アトレティコと互角の戦いをさせるような監督が本物の名監督のような気もします。

グアルディオラ監督にもどこかのリーグで4位~7位ぐらいチームを率いて優勝争いをするようなところをいつか見せてもらいたい気もします。
バルセロナで全盛期に活躍したグアルディオラ監督なので、金澤敏明も凄い楽しみにしています。

 - プレミアリーグ