コンフェデレーションズカップ2013

   

こんにちは、遂に組み合わせが決まりましたね!

日本はグループAで、同グループには、ブラジル、メキシコ、イタリア!!

素晴らしいグループですね!

ホーム以外の試合で、これだけの強豪国と戦えるのは、非常にラッキーです!

しかも、地元開催のブラジルと戦えるなんてね。

しかし、ブラジルとは、最近1度やっていて、その時は完敗でしたね。

今度はブラジルホームなので、さらに押される展開が予想されます。

実は、スペインと戦えるチャンスだと思っていたので、是非ともスペインと同じグループに入って欲しいと、金澤敏明は熱望していたのですが、少し残念です。

しかしグループBに比べて凄いチームばかりです。

ヨーロッパの強豪国である、イタリア。

現在は、チームを若返りでシフトチェンジの真っ最中ではありますが、大きな大会になると、前評判以上のクオリティーのサッカーを見せてくれるチームでもあります。

ユーロでも、惜しくもスペインには負けてしまいましたが、ピルロを中心とした、いいサッカーをしています。

なんと言ってもメキシコと同じ組に入ったのは、ラッキーでしたね。

よく、今の日本代表は、スペインのようなパスサッカーといわれるようになりましたが、まだ比べ物にならないのが、実情です。

しかし、体格などを考えれば、日本のお手本にするべきチームはメキシコだと思います。

フィジカルに恵まれているわけではありませんが、組織力の高い、チームとしての完成度は非常に高いチームです。
そして、世界的な強豪国と対戦しても、大負けをすることも少なく、ブラジルに勝利したりと、非常にバランスのとれたチームだと言えます。

ロンドンオリンピックでも、決勝でブラジルを破り優勝を遂げていて、若い世代が力をつけていて、底上げ自体もとても上手くいっているチームでもあります。

主力選手たちが、海外のビッククラブに移籍することも多くなってきていて、とても注目されている。

この大会での日本代表のやるべきこと

いくつかあると思っています。

まずは、通常のプランで試合を進めていくでしょう。
しかし、先制点を献上する可能性は、金澤敏明の個人的な見解では、極めて高いと思っています。

ここで、リスクを負いながら、どこまで点をとりにいけるのか?
負けている時の戦い方ですよね!

点が欲しい時に、人数をかけてとりに行って、ゴールを奪えるのか?
前がかりになった際のカウンターへの対処の仕方は、トップチーム相手に通用するのか

これは、非常に見ものです。
アジア同士だと、日本がボールキープする時間が長く、引いた相手に対する戦いは慣れては居ますが、相手が格上の場合では、どの程度ことができるのかチェックして、W杯の本番までに修正したい所です。

リスクを負えば、このグループ相手でも、互角以上の攻めをみせれるのかも注目ですね。

他には、スタートから守備の意識を高く持ちすぎずに、いい時間帯(前半なら15分まで)に、先制点を奪えるのか?
どうしても、強豪国相手では、引き気味になるので、思い切った戦い方ができるのかも注目です。

引いて勝つより、この大会は、負けてでも修正点や、課題を見るけることをやるほうが、いいと思っています。

得点力不足などよくメディアはいいますが、この相手にチャンスはそれほど訪れるとは思えませんので、そこでいかに結果をだせるのか?
相手を慌てさせるくらいの、中身のあるのサッカーをみせてほしいと思います。

金澤敏明

 - コンフェデレーションズカップ