バルセロナが来日でクラブワールドカップの準決勝に挑む

      2015/12/17

遂に世界最強のクラブのバルセロナが来日しましたね。
これには、金澤敏明も興奮が隠せません。

いろいろと手を尽くしてチケット確保に挑みましたが、残念ながら決勝のチケットを手に入れることはできませんでした。
未だに生でバルサの試合を観たことの無い金澤敏明なので、このようなチャンスが日本で訪れることは滅多に無いので頑張ったんですが非常に残念でなりません。

準決勝ならなんとかなりそうだったんですが、どうしてもその日は仕事を休めないので渋々あきらめました。

バルセロナは、準決勝で広州恒大との対戦となります。
広州は、大型補強を続けているアジアのチェルシーのようなクラブですね。
監督には、スコラーリという世界でも屈指の名監督を要していて、そのパイプもありブラジル代表で活躍していた選手を次々に獲得しています。

現役代表のブラジル代表のグラールや元代表の中軸パウリーニョとロビーニョというスーパースターを獲得してアジアでは抜けた存在になっています。

このチームがどれだけバルサと戦えるのかも金澤敏明は楽しみにしています。

フルメンバーで来日したバルセロナ

今回のクラブワールドカップにバルセロナはベストメンバーで来日した。
ケガの影響が心配されていたネイマールも来日してメンバー入りしている。
準決勝の出場は未定のようだが、決勝進出した場合は出場する可能性があるようだ。
やはり今のバルサの醍醐味は南米を代表する3トップだと金澤敏明は思う。
ぜひ3人が揃った所をみたいと思う。

メッシ、スアレス、イニエスタ、ブスケツ、ピケ、アウベス、アルバだけでも十分凄いメンバーばかりで、どのチームにも負けない感じもしますし、ここにラキティッチやセルジ・ロベルトのようなチームのために働ける選手も加わり、今のバルサは強いとしか言いようがありません。

圧倒的なオフェンス力で他チームをディフェンス面で疲れさせて試合後半になると更に攻撃の威力が増すイメージがあります。

日本のサッカーファンは勿論のことですが、あまりサッカーに興味や関心が無かった人たちに是非このバルセロナの美しいサッカーを見てサッカーの面白さを感じ取ってもらいたいと思います。

 - クラブワールドカップ