チャンピオンズリーグ準々決勝 パリはまたしてもプレミア勢と

   

もう一つの注目カードのパリ・サンジェルマンvsマンチェスター・シティも楽しみな1戦となります。

PSGは、ベスト16のチェルシー戦に続いての連続でのプレミア勢との対戦となります。
苦手意識もないと思いますし、ベスト4に進む可能性も十分あると思います。

シティは、プレミアの威厳を保つためにも、ぜひ勝ち進みたい所ですね。
ペレグリーニ監督もシティを率いるのは今年でラストになりますし、有終の美を飾らせてあげたい気持ちもあると思います。

 

シティの戦力分析

世界でも屈指の金満チームですので、素晴らしい選手が揃っています。
主力に怪我人が多いのが気になる所ではあります。

パリ戦に出場が厳しそうな、中心選手のヤヤ・トゥーレが心配です。
この選手が居るといないでは大きく違ってくると思います。
ある意味シティの心臓部分だと金澤敏明は考えています。
元バルサの選手で、グアルディオラ監督時代にチームを去りましたが、来期からはその監督がシティを指揮しますから去就が話題になっています!

各国の代表選手が名を連ねていて注目選手は、FWアグエロだと思います。
得点王争いに毎年絡むような活躍をするアルゼンチン代表の点取り屋。
どのチーム欲しがるスーパースターですね。

MFには、移籍金100億円以上とも言われたベルギーの若き至宝デ・ブルイネやイングランドの至宝スターリングと若い素晴らしい選手が揃っています。

ベスト16でのディナモ・キエフ戦では、あまり良いサッカーができなかった印象がありグループステージでもユヴェントスに2敗するなど、磐石の強さは無い気がします。

ここは苦しい試合になる可能性が高く、劣勢を跳ね返すニュースターの登場を期待したいところだと思います。

 

パリ・サンジェルマンの戦力分析

世界の3強のバルサ、レアル、バイエルンに続くチームだと個人的に評価しているPSG。
このブログでも、以前に特集したように戦力も充実していて、今年はチャンスの年だと思います。

カバーニとイブラヒモビッチの超強力なFWに加えて、決定的なパスをおくるディ・マリアそして、超豪華なディフェンス陣は、経験も豊富でここまでしっかりと抑えてきています。

グループリーグでは、6試合でレアルに1失点しただけでしたし、チェルシー相手にも1失点で食い止めているあたり、堅いディフェンスは健在だと思います。
ベスト8に残っているチームの中では、最強のディフェンス陣かもしれません。

攻撃陣もレアル戦以外は、全て2得点以上をあげていて好調だと思います。
夏の移籍で、2トップがチームを去る可能性が非常に高く、CL制覇の大チャンスは今年が最後かもしれません。

ベスト4に進んで苦手なスペイン勢へのリベンジをはたしてもらいたいです。

 

シティ×パリの予想

2チームの対戦は、非常に楽しみですがパリが優位だと金澤敏明は考えています。
安定したディフェンス陣と、強力なオフェンス陣のバランスが非常に良いですね。

チームも高さもありセットプレーも強くどこからでも得点ができるイメージがあります。
スピードもあるカバーニと高さとテクニックとパワーのイブラは厄介でしかないと思います。

シティは、アグエロのスピードと決定力がどこまでPSGを崩せるか?
スピードに強いとは言えないPSGのDFを翻弄させることができれば勝機みえてくるかもしれません。
パリが1勝1分の2戦合計3-2で勝ち抜くと予想します。

金澤敏明

 - CLの試合