バイエルンが奇跡の逆転勝利!ユベントスは16強で敗退CL2016/3/16

   

16強で一番の好カードで大注目されていたバイエルン×ユベントスの2nd-legは、4-2でバイエルンが勝利した。

ユベントスが2点を先制する

ホームで2-2のドローとなんとか引き分けに持ち込めたが、アウェイゴールを2点奪われて追い詰められていたユベントスがアウェイの開始早々にまさかの先制点をあげた。

裏に抜け出しを狙っていたサイドバックのリヒトシュタイナーのマーカーのアラバが中途半端なプレーで中に折り返されてしまいノーマークだったポグバが落ち着いて無尽のゴールに流し込んで先制した。

2点目は衝撃的なゴールだった。
前がかりになって攻めるバイエルンからボールをカットしたケディラから自陣の中盤で受け取りドリブルを開始したモラタが2人、3人と次々に抜いて行き相手ゴール手前で3人を引きつけて右サイドにラストパスを送るとクアドラードが冷静にキックフェイントで一人はずしてニアサイドに叩き込んだ。

まさに2人FWでバイエルンディフェンス陣をズタズタにした崩壊させたスーパーゴールだった。金澤敏明は久しぶりに鳥肌が立つほどビックリした。

前半は、ユベントスが2点リードして折り返すことになる。

逆襲にでるバイエルンだがピンチも訪れる

28834565_480x480
なんとか同点に持ち込みたいバイエルンは攻めに人数をかけて必死に攻め続けた。
試合が73分経過した所でようやくネットを揺らす事になる。

大きなサイドチェンジからダグラス・コスタの上げたクロスにレヴァンドフスキがヘッドであわせてゴールを決める。
これでスコアは1-2となる。

試合がロスタイムに突入したその時だった。
ユベントスが連携ミスでボールをクリアーできなかった隙をつき右サイドに途中出場していたコマンから中へクロスをおくるとミュラーがヘディングであわせてロスタイムに同点に追いついた。

ユベントスの落胆ぶりは見ていて伝わってくるほどだったが、ブッフォンがなんども檄をとばして鼓舞していたが、この瞬間延長が決まりある意味試合の結果も決まってしまったのかもしれない。

延長に入ると圧倒的なバイエルンペース

途中出場したチアゴがミュラーとのワンツーをダイレクトでシュートして勝ち越しゴールを奪う。

攻めるユベントスに途中出場のコマンの強烈なカウンターが炸裂して、ドリブルで突破からロッペンを彷彿させるようなカーブのかかったシュートがサイドネットを揺らして勝負あり。

2戦合計6-4でバイエルンが勝ち抜けが決まった。

ユベントスは前半で2-0とリードして圧倒的な有利な状況を、1st-legのおかえしのように追いつかれてしまった。

結果は非常に残念だったが、とてもおもしろい試合だった。
久しぶりに熱くなる試合内容に金澤敏明も興奮した。

バイエルンは勢いに乗ってどこまで勝ち進めるのかも楽しみになってきた。

 - CLの試合