2015-2016のCLのグループリーグ組み合わせと予想

      2015/09/17

昨日の続きのグループEから参加チームとグループ予想をしていきたいと思います。
CLグループAからグループDまで組み合わせと予想はこちらからご覧いただけます。

グループE

バルセロナ レヴァークーゼン ローマ BATEボリゾフ

ここは圧倒的にバルセロナが有利です。
金澤敏明がバルサファンだからではなく、戦力的を冷静に考えてですよ!
世界最強と言ってもよい3トップは、そう簡単にとまりませんし、どの選手も危険なのでマークを分散せざる得なくなり空いた選手に簡単にやられてしまうイメージですね。
昨年とメンバーがほとんど代わらないので、多くの参考資料があるので対策は練れるはずで、しっかりと対策ができれば引き分けに持ち込める可能性はありますが、それでも難しいと思います。

もう1チームはローマだと思います。
イタリアで毎年上位争いしている伝統のチームですね。
トッティが相変わらず現役で活躍しているというのが個人的には嬉しいです。元気の無いイタリア勢を引っぱる存在になってほしいです。
レヴァークーゼンもあなどれない存在ですので、この2チームの2位争いになると思います。

グループF

バイエルン・ミューヘン アーセナル オリンピアコス ディナモ・ザグレブ

ここは圧倒的にバイエルンが突き抜けると思います。
控えのメンバーも含めた戦力では世界一だと思います。
それほどまでに高いレベルの選手が控えにもおり、多少のケガ人が居ても同じクオリティーの戦いができてしまうのがこのチームの強さだと思います。
特に新加入のドグラス・コスタは金澤敏明の中でも今年大注目の選手ですので、この機会にみなさんにもしっかりと再確認してもらいたいです。
大量得点で勝利するイメージが強いチームでありますね。

2位通過はアーセナルが意地をみせると思います。
個人的には、ベンゲル政権はそろそろ終わりにした方がよいと思います。
ここまで戦力補強ができないシーズンもありましたが、それでもプレミアの中ではビッククラブなのは間違いない中タイトル争いをできているかと言えばそうでもありません。
今年の新戦力はツェフだけなのも寂しいですが、玄人好みするチームって感じなのかもしれませんが、エジルとサンチェスのサッカーは楽しみでもあります。

グループG

チェルシー ポルト マッカビ・テルアビブ ディナモ・キエフ

ここは、2チームが抜けています。
チェルシーとポルトどちらが1位通過するかの戦いになります。

リーグでまさかのスタートとなってしまったチェルシーですが、ここでは問題なく予選突破はしてくるはずです。
5試合で3敗というまさかの現状ですが、こんな時は別のリーグ戦ではまるで違ったチームのように活躍することもよくあることです。
なぜこのチームが既に3敗しているのか謎ですらありますが、モウリーニョ監督が軌道修正してくれることは間違いないと思っています。

ポルトは、毎年決勝リーグに残る常連で現チェルシーのモウリーニョ監督が指揮していた時代に優勝もしています。
エースを引き抜かれたりと大変ではありますが、このチームではたまにあることで新たな選手を補強して上手くチームをまとめくるのもお手の物って感じですね。
取りこぼしが非常に少ないチームで、特に格下相手ではしっかりと結果を残すので間違いなくグループリーグは突破すると思っています。

グループH

ゼニト リヨン バレンシア ゲント

組み合わせを見た時に金澤敏明が思わず「はっ?」と思ってしまったグループです。
ビッククラブらしいチームが存在していない中堅チームの集まりのグループという感じだと思います。
よく死のグループと呼ばれることがありますが、ここはラッキーなグループだと思います。
勝ち抜けが確定的なチームがおらず勢いで突破可能だと思います。
正直物足りない感じもしますが、ここではバレンシアがとリヨンに期待します。

ホームでしっかりと勝利あるいは最低でも引き分けで勝ち点を積み重ねることができれば、十分に全てのチームにチャンスのあるグループだと思います。

グループリーグないで思わぬ伏兵はあらわれるのか?
ビッククラブはしっかりと勝ち上がることができるのか?
非常に楽しみなCLがスタートします。
ただ残念なのが日本人が所属するクラブチームが1チームも参加できていないことです。
特にドルトムントはリーグ戦が絶好調なだけに今年参加できていれば非常に面白い存在になっていたはずです。

注目のカードの試合結果はまた報告していこうと思っています。

 - CLの試合