バイエルン勝利するも、バルセロナが決勝進出

   

ファーストレグでまさかの3-0の大敗を喫したバイエルンだったが、ホームでの試合はさすがの内容だった。

前半の早い段階で欲しかった先制点を獲得する。
コーナーキックからディフェンスのベナティアがヘディングであわせて先制した。

この試合で最低でも必要な3点の内1点を開始早々に獲得できたのもありスタジアムの大盛り上がりとなった。

しかし金澤敏明の予想通り前がかりに攻めるバイエルンには、バルセロナの強力なカウンターを受けることに

メッシのボール縦パスにスアレスが抜け出してディフェンスが寄ってきた時に、中央でフリーのネイマールにパスして楽々同点になりました。

結局3人だけでバイエルンディフェンスを攻略した形になりました。
これでアウェイゴールの関係でバイエルンには5点が必要となり息の根を止めたと展開になりました。

スコアは1対1だが、攻め続けなくてはいけないバイエルンにまたしてもバルセロナが立ちはだかる。

センターサークルあたりでメッシがヘディングで競り勝ち、ボールをディフェンスラインの裏にそらすと、オフサイドラインギリギリをまたしてもスアレスが抜け出し、またしてもディフェンスをひきつけると中央でフリーのネイマールがボレーを決めてバルセロナが逆転に成功した。

これでバイエルンの決勝進出は事実上不可能な領域になりました。

後半は一方的な展開に

後半からバルセロナは、守備でも貢献するペドロを投入してスアレスを下げた。
これにより、バルセロナは攻撃で後手にまわった。

後半は一方的なバイエルンペースで、ボールの保持率も高くなった。
レヴァンドフスキが同点ゴールを決めた。

その後も何度もアタックするバイエルンは、シュバインシュタイガーのパスからミュラーがゴールを決めて逆転した。

決勝には進めなかったが、バイエルンは久しぶりの勝利となった。
前半のバルセロナのGKテア・シュテーゲンのファインセーブを考えれば、リスクを背負えばこのメンバーでも得点できることを証明した。

ほんとうにロッペンとリベリーが居なかったのが残念だ。

逆にバルセロナは、後半スアレスを下げてからは全く良いところがなかった。
浅いディフェンスラインの裏を狙う動きをすることもなく、ボールキープ時も直ぐにディフェンスラインまで下げてしまい、そこからの苦し紛れのロングボールを簡単に相手にカットされていた。

このチームは、守りたい時でも攻撃的に行って、ディフェンスの時間を短くするほうが合っているように金澤敏明には感じた。

バルサファンの私でも後半のバルセロナのサッカーには全く魅力を感じなかった。
2戦合計得点の関係で、事実上大きく得点差が離れた試合で、しっかりと守ろうとしても失点している所は今後の課題なのかもしれない。

 - CLの試合