アギーレジャパンの成長に期待

   

新体制初戦は強豪ウルグアイに0-2で敗れてしまいましたが、次のベネゼエラ戦に向けて練習を再開していました。

初戦での課題は、ディフェンスの安定と攻撃の形ですね。

前回の失点はどちらもミスが絡む形からだったので、しっかりと修正してアギーレが目指すディフェンスの固いチームを作らなくてはいけません。

そしてもう一つ問題なのは、攻めの形がないことです。

ウルグアイ戦を見る限り迫力のある攻めはなく、分厚い攻めも見せられなかったので、見ていて点が入る感じはしませんでした。

今までの本田をトップ下に置く形ではなく、本田をミランと同じ右サイドに起用して、今まで右サイドで結果をだしていて岡崎を左にもって行きました。

新たな変化を求めているのと、アギーレが好むシステムを機能させるために、誰がどのポジションで活躍できるのかを試している最中だと思います。

練習では、アギーレ監督はCKをDFラインまで下げたことに怒るなど、噂どおりの熱い監督ぶりを少しずつ披露しています。

ディフェンスラインにも、相手がペナルティーエリアに侵入するまで、自分達も入らずに我慢しろと注文していました。

クラブチームでも好調な本田もいますし、ホームでの連敗はしないでほしいが、今は結果よりも新戦術に対応することが非常に重要なので、アギーレサッカーどういう物なのかを、サポーターにみせてもらいと思っています。

 - CLの試合