ウルグアイが勝利で、イングランドは絶望的な展開

      2014/06/21

初戦敗退同士の戦い

初戦のイタリア戦に負けたイングランドとこのグループで一番の格下と思われていたコスタリカにまさかの3失点で敗退したウルグアイの生き残りをかけた1戦がおこなわれた。

初戦には出場できなかったプレミアリーグの得点王スアレスが先発出場した。
フォルランに代わり出場だった。

スアレスとカバーニの超強力2トップで挑むことができた。
金澤敏明は、フォルランでも凄いと思うんだが、さらに凄みを益した印象だ。

先制したのはウルグアイだった。

強力な2トップがイングランドディフェンスを崩す。

カバーニが左サイドでボールを受けて、シュートを狙うがコースがないためパスに変更。

スアレスはマークされていたが、隙をみて裏のスペースを狙う。
そこにカバーニから絶妙なパスがでて、スアレスはキーパーの頭上を越えるようなループ気味のヘッドで先制点を叩き出す。

そのまま前半は終了。

後半に入るとイングランドも反撃を開始する。
この日のルーニーには、決定機はいくつも訪れた。

そしてようやく実を結んだ。
右サイドのセンタリングにルーニーがフリーで合わせて同点になった。

このまま同点で終わるかと思った後半の40分にキーパーからのロングボールをカバーニとジェラードが競り合い、ジェラードの頭に当たったボールがバックヘッドの形で前に走りだしていたスアレスに絶妙なパスになってしまう。

フリーで抜け出したスアレは落ち着いてゴールに流し込んで勝ち越しに成功した。
そのまま2-1でウルグアイが勝利した。

イングランドはグループリーグ敗退が濃厚

2連敗になったイングランドには、この後試合が行われるイタリア×コスタリカ戦の結果によっては敗退が決まる。

引き分けで終わってしまった瞬間に敗退が決定。
イングランドが残るにはイタリアが勝利して、最終戦でコスタリカ相手に大量得点が必要。

そしてイタリア×ウルグアイでイタリアが勝利する必要がある。
引き分けでも敗退になる。

元から非常に厳しいと思われてたグループで、強豪3カ国の内1チームが負けることは決まっていた。

最終戦に可能性を残すためにも、イタリアの勝利を願うしかないイングランド代表のメンバーになりそうだ。

 - CLの試合