バルサがなんとか引き分けてベスト4進出

      2013/04/24

バルサVSパリサンジェルマンのセカンドレグ

 

とても危ない試合でした。

バルサファンの金澤敏明はヒヤヒヤしました。

メッシがケガの影響もあり、スタメンではありませんでした。
しかし、ホームカンプノウなので、他のメンバーも凄いの安心していたのですが、先制点がなかなか入りませんでした。

前半は0-0で終了して、後半始まってあまりたたないところで、一番恐れていたカウンターからパストーレに先制点をとられてしまいました。

右サイドのダニエ・アウベスが上がったスペースを突かれた感じですね。
攻撃的に行くので、これは予め予想されていましたが、思ったより高い位置でカウンターが発動したため、カバーにもいけずにこんな形になりました。

その直後に仕方なくメッシを投入します。

ビックリするくらいの変化をもたらします。

パリサンジェルマンが、ややディフェンスの意識が高くなったのもあるとは思いますが、ボールキープの時間や、今までミスが多かったパス回しが、いつもバルセロナになりました。

そして、メッシが起点になり、最後はペドロが豪快に左足で同点ゴールをあげ、2戦合計で3-3のタイになり、アウェーゴール数で勝るバルセロナがリードする形になりました。

その後も勝利を目指して攻めましたが、さすがに勝ち越しとは行きませんでしたが、そのままタイムアップして、見事にベスト4進出です。

とてもヒヤヒヤしましたが、何とか勝ち上がりを決めてくれよかったです。

準決勝のカードが決まる

勝って喜んでいたのですが、次の対戦相手がバイエルンに決まりました。

もう一つのカードは、レアル・マドリッドとドルトムントの対戦です。

残った4チームは、スペイン勢2チームとドイツ勢2チームになりました。
これも結構レアな気がします。

バルサが対戦するバイエルン・ミューヘンは、もしかした今は一番強いチームかもしれません。

なんと言っても、豪華な攻撃陣が凄いですし、リーグ優勝も既に決まっており、主力選手も体調も上手く管理できる状況にあります。

バルサも2位とは大きな差があるので、上手くできそうですがね!

今のチーム状態を考えれば、バイエルンの方がやや有利かもしれません。

決勝でレアルとのクラシコが実現できればいいのですが、今回ばかりはかなり厳しいかもしれません。
レアルは、グループリーグで敗れた相手との再戦になります。
チーム状態はあの時とは、比べ物にならない状況なので、勝ち上がるチャンスは大きいと思います。

本当は、決勝でバルサ×バイエルンを見たかったのですが、準決勝で当たったほうが2試合見れてサッカーファン的には嬉しいですね!!

このメンバーはワールドカップの決勝以上のメンバー構成になっていると言っても過言ではなく、チームの完成度などを考えると、まさに代表チームを凌ぐサッカーを見せてくれるはずです。

この戦をとても楽しみにしている金澤敏明なのでした。

 - CLの試合, FC バルセロナ