バルセロナ敵地でドロー

   

金澤敏明の応援するバルセロナとパリサンジェルマンの試合が行われました。

ここ数年で、ビックネームを集めだしたパリサンジェルマン。
今では、一流クラブの仲間入りを果たした感もあります。

序盤はおとなしい展開

序盤からバルサは、パスは回るがシュートまでいけない展開が続く。

そんな時に、カウンターからラベッシにポスト直撃のシュートをゆるす。

しかし前半38分に、ダニエ・アウベスの右足のアウトの浮き球に2列目から走りこんだメッシがフリーになり、そのまま得意の左足で逆サイドを狙ったボレーが、サイドネットを揺らす。

バルセロナが敵地で先制点をあげる。
このシュートも凄いのですが、なんと言ってもダニエ・アウベス右足のアウトにかけた浮き球が素晴らしかった。

あなたは本当にサイドバックなの?と疑いたくなるほどの技術力と正確さ、加えてキックの種類の多さですね。
メッシの動きを見逃さなかった視野の広さも脱帽ですね。

そのまま前半は終了するのですが、メッシが足を故障して、前半で退きます。
少し心配です。

後半は試合が動く

後半は、どちらのチームもいい所を出しながら勧めるが、なかなか決定機は訪れない。

しかし遂に試合は動く。

79分フリーキックからのシュートのこぼれ球をイヴラヒモビッチが押し込み同点!

しかし、これは完全なオフサイドでした。
なんか最近のバルサ戦ってこんな感じのミスジャッジが多く感じてしまう。

アンラッキーな感じで同点にされてしまいました。

しかし、このまま同点で終わるかと思った89分に、ペナルティーエリア内で、サンチェスがキーパーに倒されPKを獲得。

これをシャビがキーパーの逆をつき再びリードを奪う。

バルサはアウェーゴールを2つ獲得して勝利する最高の展開と思ったロスタイムに、マテュイディのミドルシュートがディフェンスに当たり、コースが変わりキーパーのバルデスがタイミングがずれてしまい同点ゴールを許してしまう。

試合はこのまま2-2のドローに終わった。

バルセロナとしては、アウェーゴールを2つ獲得できたので、やや有利にはなったが、勝てた試合だっただけに残念だった。

パリサンジェルマンは、なんとか次に繋ぐ事ができたといったところだと思う。

カンプノウで行う第二戦は、大変になりそうだ。
あのミランでも4失点してしまったように、ホームのバルサはとてつもなく強い。

11日のセカンドレグが楽しみになった金澤敏明ですが、次こそミスジャッジがないようにお願いしたい。

 - CLの試合