バルセロナまさかの敗戦

   

CLの決勝トーナメント初戦|金澤敏明

敵地ミランのホームでの戦いではあったが、まさかの敗戦。

しかも無得点で2失点の結果になった。

バルサファンの金澤はちょっと信じられない結果になった。

試合はいつもどおりボールはキープできていた。
しかし、キープしているだけであって、チャンスはあまり作れない。

パス回しで、ディフェンスの隙を作ろうとするが、スペースができない。

いつものバルサの攻撃の迫力が感じられなかった。

普通のチームならアウェーなので、しょうがないと思うが、バルセロナは相手を関係なく、敵地でも圧倒的なボール支配率から攻撃を組み立てる。

現在絶好調の、メッシですらほとんど仕事させてもらえなかった。

ミランの1点目は、完璧なハンド

失点のシーンもアウェーならではの裁定といっていい。

しかし、今回のは完璧なハンドで、これをハンドにできない審判は、辞めた方がいいレベルだ。

ボール触ったのが頭より上のボールを手に当て、それが見方へのトラップのパスになり、ボアテングがフリーでシュートして決めた。

ボアテングのシュート自体はとても綺麗なボレーだったので、見事だった。
しかし、その前のハンドはあまりにもヒドイものだ。

結果やスコアが試合後に、訂正されるわけではないが、世界でも最高峰の舞台でこんな残念な判定は見たくなかった。

CLで笛を吹くのは、極限られた一部の優秀な審判なはずだけに、とても残念だ。

アレだけ大きなピッチを主審一人で見るのは厳しい。
線審は、ゴール前には一方向にしかいないので、選手が壁になって見えない場合がある。

逆側の線審は、逆チームのDFライン上にいるため、距離ができてしまう。

こんな話は今に始まった事ではないが、改善も必要かもしれない。
今回は、大好きなバルサが加害チームだからここまで、熱くなってしまっているのかもしれない。

逆にバルサも助けられたことも何回もある。
完璧なファンの被害意識もあるが、今回のはちょっと酷すぎた感がある。

近代サッカーは、ボール回しのスピードあがり、ピッチも広く使うため、審判のポジショニングは非常に難しい。

逆に言えば、よくここまでこれだけのミスジャッジでおさまっていると審判を褒めたほうがいいかもしれない。

ミランの2点目は素晴らしい崩しからのゴールだった。

右サイドでボールをカットして、縦のスペースにボールを出し、走りこんだ選手が中央へパス。

パスを受けたエル・シャーラーウィが、落ち着いて左サイドに浮き玉のパスで、フリーで走りこんだムンタリが落ち着いて逆サイドにボレーを決めた。

素晴らしい崩しだった。
これも失点してなければ、前がかりにならずに防げていた可能性もあるが、綺麗な流れの中からゴールだったので、素直に褒めたい。
お手本のような崩しだった。

次の試合は、バルサホームのカンプノウなので、逆転も可能だとは思うが、2失点目があまりにも厳しいのと、アウェーゴールを奪えなかったのは、とても怖い。

ベストメンバーだっただけに、とても残念だ。

バルサのゴールラッシュを期待して次戦を待ちたいと思う。

 - CLの試合