バルセロナ敗退 ユヴェントスに歯が立たずCL準々決勝で敗退

   

1stlegで3-0という大差で完封負けをしてしまったバルセロナがホームのカンプノウでユベントス対戦しました。

パリ・サンジェルマンとの対戦で奇跡の逆転劇の6-1で勝利しただけに、ホームサポーターも奇跡を信じて応援をしましたが、結果は0-0のドローで、ユベントスと2戦して1得点も奪うことはできませんでした。

今年のバルサはこのレベル

準々決勝で敗れたバルセロナですが、バルサファンの金澤敏明でも、今のチーム力ではこの結果が妥当かなと思います。

超強力なバルセロナ攻撃陣を2試合無失点で抑えたユベントス鉄壁のDFとユーベの攻撃陣を2試合無失点で抑えられなかったバルセロナディフェンスには、大きな差があると思います。

パリ戦の様な逆転劇があったチームというのは、勢いに乗ってそのまま勝ち進むことが多いような気がするんですが、バルセロナにその力はなかったという事だと思います。

昨季はから大きく選手がかわってもいないので、今年の夏には、リーグ戦の結果も関係してくるでしょうが、大型補強などの選手の入れ替えが行われるかもしれません。

ユベントスの次の対戦相手は?

バルセロナも撃破して、チャンピオンズリーグ優勝の可能性が高くなってきたユーベの準決勝の対戦相手が決まりました。
フランスのモナコになりました。

準決勝まで残っているチームは、ユベントス、レアル・マドリード、アトレティコ・マドリード、モナコの4チームなので、対戦相手としては恵まれたと言えると思います。

もちろんモナコも強いです。
特に迫力のある攻撃陣は強力ですが、他の2チームに比べればまだラッキーだと金澤は感じます。

モナコ以外の3チームに次の対戦相手を選べるといわれたら、全てのチームがモナコを選ぶと思います。

今のユベントスのディフェンスの安定感とイグアインを中心とした決定力のある攻撃陣なら決勝進出の可能性も非常に高くなったと思います。

 - CLの試合