ベスト8のチームが揃う!チャンピオンズリーグ2017

   

決勝トーナメントの2ndレグの残り試合も終わり、ベスト8の全てのチームが出揃った。

奇跡の逆転劇で駒を進めたバルセロナや昨年のチャンピオンのレアル・マドリード。
そして最近では、ベスト8の常連になっているアトレティコ・マドリードなどスペイン勢が3チーム。

メンバーはレアル級に凄いドイツのバイエルン・ミューヘンに同じく香川が所属するドイツの強豪ボルシア・ドルトムント、イタリアのセリエAでは敵なし状態のユヴェントス。

昨年のミラクル劇の勢いを取り戻しつつあるレスター・シティーに強豪のマンチェスタCを逆転で倒して勝ち進んだフランスのモナコ。

こちらの8チームが残った。
常連チームの5チームが順当に残った。
今年もプレミア勢は不発に終わった。

レスターが残ったのは見事だが、大型補強をするプレミアのビッグクラブはベスト8に残ることができなかったのは、非常に残念だ。
メンバーだけを考えれば、残っていも不思議ではないのだが、問題は戦術なのかそれとも連携にあるのか?
毎年思いますが、謎です。

組み合わせが楽しみな準々決勝

準々決勝の舞台からは、同国同士の戦いも出てくるので、スペイン勢同士の対戦の可能性もあります。

その意味では、マッチアップが非常に楽しみになってきます。
少なくともバルサ、レアル、アトレティコ、ユヴェントス、バイエルンの5チームの内の2チームは対戦することになります。

レアルは非常にくじ運が良いイメージがあるので、今回も少しチーム力が落ちるレスターやモナコを引き当てるのではないかと金澤敏明は予想しています。

逆に強豪と戦うイメージがあるバイエルンはユーヴェやアトレティコと対戦するような予感がしてしまいます。
個人的には、バルサvsバイエルンが一番みたいですが、ファンとしては、当たらないでほしいのも事実です。

監督交代後から、昨年の勢いを取り戻しつつあるレスターがどこまでやれるのか非常に楽しみです。
昨年の優勝メンバーが残っていれば、もしかしたらミラクルレスターをチャンピオンズリーグでも再現できていたのかも?と考えてしまいます。

ホームだったとはいえ鹿島アントラーズがレアル・マドリード相手に延長戦に持ち込めたのだから、レスターやモナコが勝利する可能性も必ずあるはずです。

組み合わせが決まり次第、注目の対戦カードについて書きたいと思います。

 - CLの試合