武藤がハットトリック達成でチームはドロー

   

日本代表でも活躍しているマインツの武藤選手が、アウクスブルク戦でハットトリックを達成した。
しかし試合はドローだった。

武藤選手の前半の2得点でリードを奪ったマインツだったが、そこからまさかの3失点で逆転をゆるす厳しい展開になってしまった。

そして後半のアディショナルタイムに武藤の同点ゴールが生まれた。
右サイドからのクロスを味方選手が競り勝ちこぼれたボールが武藤選手の目の前に落ちました。

右足で放ったシュートは相手ディフェンダーに当たりゴールキーパーの逆をつき同点ゴールとなった。
ドイツに渡ってから初のハットトリック達成となった。
武藤選手は日本のクラブチームで所属していたFC東京でもハットトリックを達成したことがなかったようです。

FWとしてこれまで活躍してきた武藤選手だったので、金澤敏明にはまさかという感じがしました。
日本代表に名前を連ねるようなFW登録の選手なら公式戦でハットトリック(3得点)を達成したことはあると思っていました。

そういう意味では爆発力が少し低いタイプなのかもしれませんね。
特にアシストが多いイメージもありませんし、テクニックや縦へのスピードが高いのを考えるとゴール前での冷静なシュートやアウクスブルク戦のような競り合いのボールが落ちてくる場所へのポジショニング能力などが課題になってくるのかもしれません。

生粋のCFWというタイプではないとは思います。
そうなるとシャドー的なセカンドトップのポジションが彼が一番活きるのかもしれません。
しかし日本代表ではそのような戦術を使うことはありません。
そうなると1トップとしてしっかりと活躍できるようにしないといけませんよね。
広島の佐藤寿人選手みたいにポジショニングと裏への抜け出す能力を高めれば、低い身長の選手でも十分活躍することができることは実証されています。

武藤選手には、彼を超えるようなFWとしての能力を身につけてもらって、海外で激しいDFへのボディーコンタクトにも慣れて、世界でも通用するような選手へ駆け上ってもらいたいと金澤敏明は思っています。

現在武藤選手は、2試合連続ゴール中と徐々にドイツのサッカーにも慣れてきていると思うので、今後もさらに連携を高めて技術を磨いて成長を続けてもらいたいと思います。

 - ブンデスリーガ