バルサが6ゴールの快勝!スアレスに憎いアシストのメッシ

   

バルセロナの爆発力をまざまざと見せ付けるゴールラッシュに思わずバルサファンの金澤敏明も熱狂してしまいました。

この日のゴールラッシュのスタートを切ったのは、メッシでした。
ゴールやや右よりのFKをゴール右隅に叩き込んで先制する。

前半は、PKで失点して1対1のスコアレスで終了した。
チャンスは結構あったんですが、物にできなかった感じがありました。

後半になるバルセロナの猛攻

後半の口火をきったのは、スアレスのスーパーゴールでした。
メッシとのワンツーで浮きだまが自分の体の後ろからきたボールをそのままダイレクトボレーで流し込んで勝ち越しに成功。

その後バルサのディフェンスラインは、後手後手にまわる慌しい守備が続きました。
同点を狙うセルタが押し込む展開になりました。

やはりディフェンスがまだ安定しているとは言えないレベルにあると金澤敏明は思います。
今後のリーガとチャンピオンズリーグ制覇には、このディフェンスラインの安定は必須条件になると思います。

この日チャンスメーカーに徹しているようにみえたメッシから左サイドのネイマールにスルーパスを送り落ち着いてゴールキーパーを交わしてシュートするもディフェンスに当たりゴールライン上にはねていたボールをスアレスが押し込んで3-1と突き放す。

4点目は、メッシが右サイドで1対1でディフェンスを交わしてエリア内に突入するとディフェンスに倒されてPKを獲得。
これを自分で蹴るのですが、自分の右サイドにちょんとパスを出すとそこにスアレスが走りこんできて楽々ゴールを決めてハットトリック完成!

メッシが自分のゴールを犠牲にしてスアレスにハットトリックを達成させてあげた感じのトリックPKでしたね。
ゴールキーパーも体勢を崩していますし完全に隙をつかれた格好でしたね。

5点目は、途中出場のラキチッチのゴール。
スアレスからのボールを後ろからフリーで上がってきて落ち着いて右足でループ気味に合わせる技ありのゴールでした。
やはりラキチッチも控えにはなっていますが、テクニックの高さをみせていますね。
ディフェンスも安定するイメージがあるので、金澤敏明的には、ラキチッチを先発メンバーにしてもらいたいと思っています。

トドメの6点目は、ネイマール。
右サイドのスアレスからのロングボールで抜け出すとゴールキーパーとの1対1を冷静に対処しました。
トラップが完璧でそこで勝負ありって感じがしました。

メッシが変わってきた?

今日のPKのシーンもそうだったんですが、自分の得点に固執しないで決定的なラストパスを送る機会が格段に増えたように金澤敏明には感じます。

昔なら、確実にPKを直接蹴っていたと思います。
ある程度強引な場面でもシュートを選択していたと思いますが、最近では、あっさりとパスを選択するようになっているので、他の選手が得点する可能性は格段に上がります。
スアレスやネイマールとの関係性が良いからパスの選択が増えているんだと思いますが、この選手たちがコンビネーションを高めたらディフェンスはなすすべが無くなってしまいますね。

メッシもFWだけでなく、トップ下の位置でも得点をあげながら多くのアシストを記録できるだけの能力が備わってきたようにも思います。

この3人の競演がいつまで続くのか分からないので、今のうちにしっかりと目に焼き付けておいた方がよいと思います。

 - FC バルセロナ