ポグバのバルサ入りが決定している?

   

今のサッカー界で移籍先が一番注目されている若手はユベントスのポグバではないでしょうか?

世界的なビッグクラブが、こぞって獲得に動いているとの噂がたえません。
移籍にかかる費用が1億ユーロとも言われていて、歴代の最高額になると言われています。

元はマンチェスター・ユナイテッドに所属していましたが、ユベントスに移籍してからその実力が高く評価されるようになった選手です。
ユナイテッド的には、絶対に手放してはいけないレベルの選手でしたね。

移籍先には、シティーやチェルシー、レアル、パリサンジェルマンなどお金持ちのクラブチームの名前がズラリと並んでいて、ユベントスの財政事情を考えると、高く売れるときに手放すと思われていて、今夏の移籍市場で動きがあると思われていましたが、ここに来て金澤敏明が大好きなバルセロナへの移籍が決まったとの報道が聞かれるようになりました。

実質バルセロナは今季の移籍はペナルティーの為に行えないので、来年度に移籍させることに合意したとの噂が飛び交っています。

なので、噂になっている記事どおりだとポグバ今年の夏の移籍市場では、他チームには移籍せずに来シーズンまでは、ユベントスでプレーして、来年の夏の移籍でバルセロナが獲得するようです。

ポグバもバルセロナというチームにはとても興味があるようで、現実味がある話になってきました。

しかし、ポグバはバルセロナというチームに向いているかというと難しいところもあります。
バルサというチームは、メッシ、ネイマール、スアレスという世界のトップ選手がひしめき合っていて、攻撃はほぼ3人が中心になります。

オフェンス力が非常に高いポグバは、ミドルシュートなども含めて非常にレベルが高い選手でテクニックも非常に高いですが、楔のプレーやパスの配給が非常に重要になるバルセロナのMFにはあまり向いていない気もします。

また攻撃の比重が高いバルサでは、ミッドフィルダーにはディフェンスでの負担も大きくかかります。
ポグバは上手くマッチするかは疑問が残ります。

とても魅力的ですが、どうなるのか・・・
バルセロナにとっては、今まで弱点とされてきた攻撃、守りでのセットプレー面でもプラスになると思われます。
身長が190cmを超える大型の選手なのもポグバの評価が高くなる要因だと思われます。

まだ正式発表は行われていないのでどうなるかはわかりませんが、とても楽しみな話だとは思います。

 - FC バルセロナ, 移籍情報