ネイマールがバルサ入り?

   

こんにちは、今日はバルサ入りが確実と噂されているネイマールとバルサについて金澤敏明の感想を書こうと思います。

サッカー選手の移籍の噂なんてやまほどあり、ほとんどが実現しないものだったりしますから、あまりあてにはしてません。

しかし、今回の場合は、民事契約を結んであるとのことなので、本当なのかもしれません。
この民事契約が嘘なら別でしょうが、昨年のバルサの収支に手付金みたいな感じで支払われた形跡もあったようです。

まずは根本の話をすると、ネイマールがバルセロナに必要か?
の疑問が浮かび上がります。

メッシとの共存も考えるとクエッションマークが浮かびます。
どちらも、ボールタッチを好むタイプだと思いますので、ボールが触れない時に自分のいなくてはいけないポジションを我慢して守りきれるのか、などあります。

多くボールに触れないこの二人ではあまり意味も無い気がします。
これだけの選手なので、チームの核になるはずですが、その核が二つある場合は難しいですよね。

今のバルサは、言い方は悪いですが、メッシを中心にチームが作られている感じがします。

もちろん、イニエスタ、シャビとかスーパースターもいますが、この二人は周りも上手く使える選手なので、問題ないと思うのですが、ネイマールは周りをいかすタイプではないと思います。

まだ入団が決まったわけでもなく、こんな時から言ってもしょうがないですが、金澤敏明は、今のバルサにはそれほど必要だと思いません。

今のバルセロナに必要なのは、センターバックが一番必要だと思います。
他のポジションには、控えとしていい選手がいますが、センターバックはケガの問題や、プジョルの年齢的な衰えなども考えると、補強の必須ポジションです。

ネイマールには、自分を中心にフォーメンションや戦術を作ってくれるチームに行って、伸び伸び屋ってほしい感じもします。

まあ聞き足が違うので、この二人が両サイドに居た場合は、相手チームのディフェンスの仕方は、とても大変になるとは思いますがね!

次に戦うバイエルンが、ネイマール加入後のモデルとして近い形になる気がします。
リベリとロッペンが両サイドに分かれていますので。
メッシは最近中央が多いので、あまり参考にならないかもしれませんが、少しだけ見てみたい気もしますね。

ネイマールの加入の話と同時に、ビジャやサンチェスが放出される可能性などもあるよです。
金澤敏明のお気に入りのペドロは大丈夫だと思いますけど、出番は減る可能性が高くなるかもです。

まぁ移籍するにしても、ブラジルワールドカップが終わってからの移籍が濃厚ですしね!

 - FC バルセロナ