メッシ脱税で21ヶ月の懲役の判決で心配されるバルセロナでのプレー

   

メッシの脱税疑惑で、公判中でしたが、刑が懲役21ヶ月で確定しました。
これを聞くと「えっ?執行猶予は?」となりますが、
スペインの刑罰では、2年未満の刑に関しては、執行猶予が付くそうなので、刑務所に入ることはないようです。

バルサファンの金澤敏明としては、一安心しました。
しかし、400万ユーロは、大金ですが、メッシにしてみれば、それほどの額ではないと思います。

メッシ本人が、脱税を指示したとはあまり考えられない気がしていますので、家族に任せていたのが裏目に出たという感じが私にはします。
金に溺れるイメージがあるのは、スーパースターよりもその家族に多い気がします。

メッシのプレーに影響が出なければよいのですが…

執行猶予が付いたのでメッシはバルセロナで、今まで通りプレーすることは可能だと思われます。
これが日本だったら、クラブチームはプレーさせないと思いますが、スペインなどサッカーが大人気の国では、そのままプレーすることはごく普通の感じがします。

レアルのベンゼマなんかも普通にプレーしてますしね。

バルサファンとしては一安心と言った所ですが、プレー以外のことで精神状態や肉体にいらぬ負担がかからないように、してもらいたいと思います。

 

 - FC バルセロナ