インテルも参戦?FC東京の武藤争奪戦

   

チェルシーからのオファーが正式だったことが発表されたFC東京所属で日本代表の武藤選手に新たなビッグクラブからのラブコールがあったようだ。

そのクラブチームは、イタリアの名門インテルで、こちらはまだ正式とはいっていないが、移籍金の程度などはしているようだ。

日本代表の長友選手も活躍しているチームで、ここ最近はリーグで昔のような成績は残していない。
しかし、マンチーニ監督を招集したからには、クラブの再建へ力を注いでくると考えられる。

この他にも、獲得の打診は受けているようで、武藤選手には幅広い選択肢が用意されているようだ。

どこに移籍するのがベストなのか?

何を重視して移籍先を考えるのがよいのかが難しい。

ビッグクラブでの経験と名監督の戦術やサッカー感などを学べるのが、チェルシーだと思う。
しかしここでは、出場機会が限られる可能性が高い。
選手層が高いの、練習でも良い経験は得られると思うが、試合に出れないのは大きなデメリットになると思う。

試合に出ながら、大舞台の経験を得る。
これは、インテル加入の時に考えられるところだと思う。
チェルシーほどの選手層ではなく、若手にもチャンスが回ってくる。
それでいて、ユベントスやローマのようなチームとも対戦ができて、世界のトップクラスを体験できる。
バランス的には非常に良い選択になると金澤敏明は思う。

強豪のリーグ戦で、世界トップクラスの相手と戦いながら成長する。
これは、名前が挙がっていないクラブの場合になると思う。

ある程度の出場機会がありそうだが、チーム力はそれほど高くないと思われる。
CLなどの経験はできないかもしれないが、まずは出場して実績を上げて、他のチームへ移籍するという考えも可能かもしれない。
先輩の長友と同じステップに近い選択。

このようにいくつかの選択が武藤選手にはできると思う。

どれもメリットがある。
インテルがバランス的には良いかなと?金澤敏明は思うが、チェルシーからのオファーは今後ありえない可能性が非常に高く、尚且つモウリーニョがその時に監督かもわからない。

世界最高の監督と評される彼のサッカー哲学を学べる事は今後のサッカー人生で非常に糧になると思う。
引退後自分が指導者になる時にも大きな財産になると思うので、出場機会は少なくなると思うが、チェルシーを選択するのも若い武藤選手にはありかもしれない。

 - 移籍情報