フォルランの退団が濃厚?

   

超大型補強で、開幕前から話題を独占していたセレッソ大阪

柿谷や山口など日本代表の若手メンバーも定着してきてまさに今年は躍進の年になるはずだった。

しかし終わってみればまさかのJ2降格になってしまった。

鳴り物入りで加入したフォルランだが、予想していたようなパフォーマンスは披露する事ができなかった。

問題は、システムが合わなかったことや、チームメイトとの意思疎通が上手く行かず、自分が欲しい所にボールがこなかったりとチームに馴染めなかったことが一番だろう。

またシーズン途中にチームの中心選手になっていた柿谷が移籍してしまったのもある程度の影響があったと思う。
そして、日本代表でもボランチで活躍している山口蛍のケガでの離脱も響いたかもしれない。

監督を変更してみたりとかなりもがいていたセレッソだが、その甲斐もなく、J2降格になった。

新たなドイツ人監督は、元ドイツ代表FWカカウを獲得してもらったりとJリーグでは大盤振る舞いの補強をしてもらったがそれでもやはりチームは機能しなかった。

これを考えるとやはり監督の重要性は非常に大きいと金澤敏明は考えさせられました。
現存の選手にあったシステムを作れる監督が重要なのかもしれない。

自分の得意なスタイルを新たに始めるには、ある程度の時間が必要で、時間がない中で結果を出すには、選手にあったシステムにする必要がある。

そうなると監督の底がどの程度広いのかが重要だ。

フォルランは、セレッソ批判ともとれる発言をしているようだし、年俸を考えるとJ2のクラブが払える金額だとは思えないし、年俸に見合った活躍が期待出来る感じにも思えない。

エトー獲得との謎の噂も出ているが、J2クラブに来るようなタレントではないと思うし、セレッソがまず行わなければいけないのは、海外の大物獲得ではなく、自チームの日本人選手が他チームにいかないように説得と契約を見直すことだと金澤敏明は思う。

来年は最低でも1年で復帰できるようなチームを作ってほしいと思う。

 - 移籍情報