シャビ・アロンソがバイエルンへ移籍

      2014/08/30

レアル・マドリードで献身的にチームを支えてきたシャビ・アロンソがバイエルンに移籍することが決定的になった。

レアルは、バイエルンからトニ・クロースを獲得しており、トレードみたいな感じになった。
ポジション的にもほぼ同じような所でやれるし、タイプも似たパサータイプ。

そしてロングボールでボールを散らし、精度も非常に高い。

レアルは、ディ・マリアがマンチェスター・ユナイテッドに移籍をしたので、これで昨季のレギュラーが2枚抜けることになる。

ケディラが移籍するのでは?
と思われていたので、シャビ・アロンソが移籍するとはビックリさせられた。

これでケディラの移籍はなくなりそうな感じがする。

しかし、スターが多いレアルにおいて、ディフェンス面でも数字に表れない活躍を多くしていた二人の中心選手を失ってレアルは大丈夫なのだろうか?

個々のレベルは非常に高いが、チームワークや戦術という面では、やや不安が残りそうだ。

バイエルン移籍したアロンソは活躍できるのか?

年齢も高くなり、積極的に出場させてもらえるのか非常に不安もある。

特にドイツ代表を中心に若い選手も多く、能力が非常に高い選手が多いのに、30歳を超えたベテランにどれほどのチャンスを与えるのか?

同じスペイン代表のハビ・マルティネスも居て、シュバインシュタイガーやラームも同じポジションをやることもあり、激戦のポジション争いになりそうだ。

しかし、バイエルンの中でも、比較的年齢層が高いのがボランチやCMFの位置なのかもしれない。

今や世界ナンバーワンのチームと言ってもよいバイエルン。

チームのサッカーに馴染むのにも、さほど時間はかからないと思う。

スペイン代表のサッカーはバルサのサッカーに非常に近いものがあった。
その、バルサを率いてたグアルディオーラが監督を務めるバイエルンも、近いサッカーをする。

そして監督と同じスペイン出身ということもあり、意思疎通もしやすいはずだ。

そしてこのチームは今季から、ライバルチームのドルトムントからレヴァンドフスキを獲得して、さらなる強化もしており、シャビ・アロンソからのロングボールから一発の決定機などがみられるかもしれない。

どのようにチームにフィットするのか、楽しみだ。

 - 移籍情報