ディ・マリアのマンチェスターユナイテッド入りが濃厚に

   

香川選手が所属するマンチェスターユナイテッドにレアル・マドリードからディ・マリア選手が加入することがほぼ確実になった。

これにより香川選手の状況はさらに厳しくなり、ファン・ファール監督は、香川に対して事実上の構想外であることを発表したようだ。

移籍期間は残りわずかで、今のところ選択肢はアトレティコ移籍か古巣のドルトムントへのレンタルなどが噂されています。

アトレティコ移籍ができるのであれば、楽しみです。

しかし、サー・アレックス・ファーガソンが監督をやめてからマンチェスターは低迷していますね。

今の戦力でもかなりのレベルなはずなのに、結果がでません。

今回100億円以上の金額でディ・マリア獲得との情報で、何が何でもチームを復活させようと血眼になっている感じがします。

金澤敏明が思うに、補強ポイントが違う気がします。

まずはDFを一番に考えて、ディフェンダーとボランチの強化をしたほうがいいと思います。
攻撃陣は、ルーニーとファン・ペルシーという世界的な選手がいますし、マタのようなパサーもいますしある程度揃っているので、まずは一番の修正点のDFの補強に取り掛かったほうが得策のはずです。

そしてディ・マリアが素晴らしいプレイヤーだということは間違いありませんが、100億円以上の金額を払うほどだとは金澤敏明は思いません。

最近は移籍金が異常になってきている気がします。
このままでは事実上破綻するするクラブチームが増えそうな予感すらします。

適正価格とはどれくらいなのか、非常に難しいですが、オイルマネーを持つオーナーが増えたことにより金額が釣り上げられているのは間違いないと思います。

香川選手はコンスタントに試合に出場できる強豪チームに移籍ができることを願っています。
さらに一回り成長して、マンチェスター・ユナイテッドを後悔させるような活躍を願っています。

 - 移籍情報