日本が辛くもサウジアラビアを撃破!これで勝ち点も肉薄で再スタート

   

japanサッカー日本代表が、ホームでグループ首位のサウジアラビアを2-1で直接勝利することに成功して勝ち点で並びました。

先発メンバーに初スタメンの久保を投入して、本田と香川はベンチスタート
前半から積極的な守備で、セカンドボールがよくとれる楽な展開となりました。

その要因の一つは、先発の大迫のポストプレーだったと思います。
日本人FWでは珍しい相手DFを背負えるFWで、高い位置でボールがキープできました。

また攻撃の意識が高いのもあり、ボールの受け方も相手に向かう積極性があり効果的に感じました。
大きく中盤にスペースを作り、トップ下の清武には予想以上のスペースを与えられたのも、厚みのある攻撃が出来た要因だと金澤敏明の目にはうつりました。

前半から積極的な守備で先制点

日本の先制点はPKでの物でした。
清武が中央からのシュートが相手DFの肩に当たり、その跳ね返りが腕に当たってしまいPKとなりました。

サウジは、激しく抗議してあわや退場でもおかしくないほどのエキサイトぶりでしたが、退場者は出ず、清武も落ち着いてPKを蹴りこみ先制して前半戦を折り返しました。

前半は、ピンチらしい所はほとんど無く、プレッシングサッカーは機能していましたし、日本代表のディフェンス意識の高さもしっかりとみえました。

これまで、試合でも前半でリードして折り返す場面はイラク戦UAE戦など幾度と無くありましたが、追いつかれ、逆転されなど特に後半の弱さが目立っていたので、まだまだ油断できない展開でした。

後半の追加点は綺麗な流れの中から

後半からサウジは、攻撃意識が高く何度と無く攻めてはきましたが、きっかけになるようなプレイはあまりなく、攻めあぐねている感じで、横パス目立ちました。

日本も決定的な展開は作れず一身一体の攻防が展開されていました。
日本代表は、前半から久保に代えて本田を投入していました。
ケガでの交代だった可能性もあります。

日本代表はこれまで、失点しているのはセットプレーだったので、たぶん監督、コーチ陣から無駄なファールをするなと徹底されていたのではないかと金澤敏明は推測します。

それくらい自陣深い位置では、接触をしないように慎重にディフェンスしていたように思います。

後半の途中で清武に代えて香川が投入され、いつもの日本代表に戻りました。
本田が流れの中で、自分のポジションである右サイドから左サイドへ移動すると、オー場ラップしてきた長友が相手陣内深くからグランダーのクロスをいれると中でフリーの原口が落ち着いて相手GKの逆をつき追加点を奪いました。

後半の終了間際の長友オーバーラップは、相手にとって非常にデンジャラスな事であり、今回もハイボールではなく、中へのグランダーというDFが予想しないコースへのボールでした。
やはり長友がピッチに居ると居ないでは大きく違うことがわかったと思います。
右サイドも内田が戻ってくれば、攻守にわたり磐石になり安心して観ていられそうです。

終了間際にパワープレイに出たサウジに1点をねじ込まれましたが、なんとか逃げ切り2-1での勝利となりました。

これで勝ち点は10でサウジに並ぶ

最後の失点が無ければ、得失点でも逆転できオーストラリアの結果次第では、首位にたてるはずでした。
オーストラリアが勝っても得失点で上回れば、ワールドカップへの出場権の2位以内になれたんですけどね。

まだ半分が終わったところですが、圏内に居るのと居ないのとでは相手に与えるプレッシャーは違いますし、最終戦はサウジのホームでの戦いになるので、最低でもサウジより上の順位で最終戦を向かえる必要があると思います。

今回の試合で、大迫、原口という新たな中心選手の目処も立ち、これにベテランが上手く融合していけば、強い日本代表が復活する予感はしました。

特に前半から後半の途中まで出来ていた高い位置からのプレスと連動性を1試合機能することができれば、ワールドカップへの切符は間違いなく獲得できると金澤敏明は思います。

これで、今年のW杯予選は終了して、残すは来年となります。
それまでに、海外組みの選手たちもクラブチームで試合に出続けて、トップコンディションで大事な残り半分のアジア最終予選に挑んでいただきたいと思います。

 - 日本代表