メンバーを大幅に変更して挑んだカンボジア戦で苦戦した日本代表

   

ロシアW杯のアジア2次予選アウェイでの戦いは、このカンボジア戦が最終戦となります。
前回のブログで、残すはホームでの戦いだけと言っていましたがカンボジア戦が残っていましたね。

力の差は歴然なので、メンバーを落とした状態でもアウェーでも楽勝だと思われていましたが、思わぬ苦戦をしいられました。

前回のシンガポール戦でベンチスタートだった香川が先発で逆にここまでほぼ全試合で先発出場していた本田をベンチに下げた。
シンガポール戦から実に先発メンバーを8人も変更したスタメンとなった。
今までチャンスの少なかった選手にはアピールするチャンスとなるはずだったが、逆にフィットしない形をみせてしまった。

原口、宇佐美、岡崎の3枚の攻撃陣の組み合わせは非常に魅力的で、楽しみだったのだが、何か噛み合わない。
両サイドがドリブル突破ができるのは、非常に魅力的な布陣となるので、今回で終わりにするのではなく、今後も何度か試してもらいたいと金澤敏明は思います。
やはりサイドが崩せないと強豪国とのサッカーでは、決定的なチャンスを作るのは難しいはずです。

前半はまさかの0-0で折り返す展開となってしまった。

柏木投入後から流れが変わり始める

チャンスをもらっていた遠藤選手が後半の頭から柏木選手と交代する。
すると効果的なパスが出始めて、開始1分に柏木のロングボールを岡崎が落として香川に渡った所でファールされてPKを獲得した。

本田が出場していないので、岡崎が蹴るがGKにキャッチされてしまう。
結果論になってしまいますが、香川が自分で蹴ればよかったんではないかと金澤敏明は思いました。
以前は、本田から奪って自ら蹴ったこともあったので、こんな時に蹴らなくてどうするんだと思っちゃいました。

先制点はオウンゴールで入った。
FKから岡崎と競り合った相手DFがオウンゴールをして思わぬ形で先制点をあげた。

その後は、何度もチャンスを作ったがゴールを奪うことができなかった。
正直この相手を崩せなかったのは非常に残念だと思う。
いつも通りの課題が浮き彫りになった。
終了間際に途中出場で入った本田の代表戦の5戦連続ゴール記録で2-0で試合終了となった。

アジア勢相手でなぜ大量得点が奪えなくなったのか?

日本サッカーが研究され尽されたのが原因か?
それともハリル・ホジッチのサッカーが浸透していないのかもしれない。
上手く機能していない可能性が非常に高いと金澤敏明は考えています。

ハリルジャパンのスタートがあまりにも良すぎたせいで、今のサッカーは非常に物足りないと感じてしまうのは事実だ。
今は試しながらのサッカーとなっている感じがするので、ここですぐに結果を求めるのはナンセンスかもしれないが、ある程度のレベルのサッカーはしてほしい。

ロシアW杯やその後日本代表を考えれば少し後手になってしまうかもしれないが、ガンバの遠藤選手をもう一度代表に召集して、彼ならばどのようなサッカーをするのかを観てみたいと思う。
そのサッカーを観て、今のボランチのゲームメイクをする選手たちが吸収して成長していけばいいのではないでしょうか?

残りの試合で勝つの前提でサッカーの質にも注目が必要だと私は思う。

 - 日本代表