イランとのフレンドリーマッチはドロー

   

アジアの中でもFIFAランキングが一番高いイランとのフレンドリーマッチがイランのホームで行われました。
FIFAランキングなんてちょっとした指数でしかないのは、サッカーファンには周知の事実ですよね。
唯一FIFAランクが強烈な力を発揮するのはワールドカップなどのシード(ポッド1?)を選出するため使われる。

強豪国とアウェーで戦うことを金澤敏明も推奨していたので、これはとてもよいカードだとおもいます。
できれば南米やヨーロッパの強豪が良かったんですが、アジアのライバルの中では、素晴らしい相手だと思いましたが、超満員の完全アウェーの環境になればもっとよかったのですが、それはさすがに叶いませんでしたね。

シリア戦からメンバーを代えると宣言していたホジッチ監督の予告どおり、長友、岡崎、山口蛍、原口、槙野の5人がスタメンから外れました。
武藤がトップに入り、宇佐美が左サイドでボランチに柴崎という感じになりました。

アウェーでの戦い方なのか、やはりディフェンスから入るイメージが強くサイドバックが攻撃参加するシーンは少なかった。
高さやフィジカルではややイランに分があり、セットプレーからは枠には飛ばないまでもヘディングシュートをされるシーンが何度かあり気になる所はあった。

前半は0-0で終わるかと思われたが、イランのカウンターに対して吉田がペナルティーエリア内で相手選手を倒してしまいPKを与えてしまいました。
長谷部のカバーも間に合っていたので、あそこまで厳しいディフェンスをする必要があったのか?と疑問は残るシーンだった。
このPKも西川が1度止めたが、跳ね返ったボールを押し込まれたホームのイランが前半のロスタイムに先制点をあげた。

選手交代で見えてきた面白い選手

後半スタートから少しの所で右サイドの本田があげたセンタリングを中央の武藤がセンターバック2枚との競り合いにゴールキーパーも加わりゴチャゴチャになり武藤の背中にボールが当たりそれがゴールに吸い込まれるラッキーなゴールで1対1の同点になりました。

イランのコーナーキックからとても危険な形をつくられたりとセットプレーにやや不安感はありましたが、決定的な形はほとんど作られていなかったように思えたのでディフェンスに関しては合格点かなと思いました。

攻撃陣は、ダイレクトパスのカウンターから武藤がゴールキーパーとの1対1となり交わしにかかるがキーパーに触られて決定機を逃してしまいました。

前後半を通じてあまり厚みのある攻撃はみれずだったのが寂しかったですね。
香川に代えて清武をトップ下で試したりといろいろやりましたがあまり効果的には思えませんでした。

ボランチで入った柏木はもう少し観たかったと感じました。
ボランチの位置から左右にロングボールを前線に供給したりと攻撃の幅が広がったように思えた。
南野は、あまりにプレイ時間が短くて評価のしようがなかったので、フレンドリーマッチであの時間の選手交代には疑問を感じた。
せめて10分以上のプレイタイムがなくては出場しても何もできないと思う。

アウェーで負けなかったのは良かったが、大きな収穫が得られたかと言われると難しいところだったと思います。

 - 日本代表