日本代表が3-0でシリアに勝利してグループトップに立つ

   

アウェーでの対戦となったシリア戦は、3-0で日本代表が勝利した。
前半は0-0のスコアで終えた。

日本のペースだったのだが、圧倒的な支配力という感じではなく、シリアの前線でのディフェンスはチェックが速くディフェンスラインでのボールキープが多くなってしまっていた。

効果的なロングボールやくさびになるパスが入らなかったのが前半戦で日本代表が得点をあげられなかった原因かもしれません。

後半になると徐々に日本のペースが強くなっていく。
長谷部からのロングボールを受けた岡崎がペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得した。
これを本田がきっちりと決めて日本が先制した。

追加点は岡崎だった。
香川が左サイドをゴールライン際までえぐり中の岡崎へパスを出すとそれに合わせて2-0となった。
香川が敵ディフェンダーを抜きディフェンスの股を抜いてパスを出したことにより岡崎にパスが通ったまさにパスを出した香川のゴールと言ってもよいと思います。

3点目は途中交代で入った宇佐美のゴールだった。
本田が素晴らしい抜け出しでディフェンスラインの裏に抜け出すと中でフリーだった宇佐美にヒールパスを送って宇佐美が落ち着いて決めて決定的な3点目が入った。

3-0の勝利だったがこれで良いのか?

スコア的には楽勝だったが、アジアのこのレベル相手で前半無得点に終わったことは問題だと金澤敏明は思う。

ワールドカップで決勝トーナメント進出やそれ以上を目指す日本が、アジアの韓国やオーストラリアやイランなどの強豪国ならまだしもそれ以外のチームの特に2次予選クラスとアウェーといえども内容も圧倒しての勝利を期待したい。

初戦のシンガポールにホームで引き分けるなどディフェンスを固め相手を崩すサッカーがイマイチ上達していない。
チャンスはかなりあるのに、成長しないのは問題だと思う。

今の状況だと最終予選で敗れる可能性すら感じてしまう。
左サイドの長友と右サイドの酒井の差は歴然に感じてしまう。
そのためにやはり左サイドからのチャンスが多く感じる。
内田選手が戻ってくれば、左右の攻撃バランスも整うと思うが、それまでは左からの攻撃パターンが増えそうだ。

その煽りで本田選手がうまく生きないパターンも増えそうな感じもする。
後半に香川選手が交代して中央に入った本田選手よいポジションでのボールタッチも増えて生き生きとしていたように思える。
右サイドの攻撃パターンが増えればボールタッチも増えて本田が生きる可能性は非常に高くなると思う。

アジアの最終予選まで高いボールキープ率と崩しの内容など勝敗と同じくらいに大事に考えて質の高いコンビネーションサッカーができるようにこだわって挑んでもらって、最終予選になっても他国を圧倒するくらいのチームに成長してもらいと思う。

 - 日本代表