国内組みだけでは、アジアでは通用しない?

   

東アジアカップの初戦は、格下と思われていた北朝鮮にまさかの逆転負けをしてしまった日本代表でしたが、2戦目はライバル国の韓国との戦いになった。
試合の序盤から完全な韓国ペースで、ほとんどの時間をボールキープされる形になった。

ほぼボールを回されて、ディフェンスラインで奪ってクリアーぎみ縦のロングボールをカットされてまた韓国が攻めるといった繰り返しのように思えました。

決定的に危ない場面は作られないが、今までの日本のサッカーとはちょっと違ったかなりディフェンシブな戦いになっていた。
世界の強豪国と戦うと相手のテクニックと戦術によってこの形になることがほとんどですが、アジア勢を相手にこの形になることはかなり珍しいことだと金澤敏明は思いました。

負けている試合でもボールはキープできて攻め続けるイメージだったのですが、今回はまさにそれを韓国に序盤からやられてしまいました。
そんな前半に森重のハンドでPKを謙譲してしまいます。
不運ではありましたが、完全に手でボールの勢いが止まってしまってますからしょうがないですね。
これを決められて韓国が先制しました。
この後は一方的な試合になる可能制すら感じましたが、ここから挽回して山口の代表初ゴールとなるミドルシュートが決まって前半の内に同点に追いつきました。

こう着状態が続いた後半

後半になりメンバー交代をしたりと一気に試合は動きましたが、結局は両チームとも得点を奪うことができませんでした。

日本も後半からエース宇佐美を投入しましたが、ゴールまでは奪うことが出来ませんでした。

とても暑い中での強行スケジュールでの試合で疲労はピークだったと思いますが、いつも以上にボールがキープできなかったので、ディフェンスでのチェックの時間なども多くなり、疲労度も高くなったと思います。

正直な感想では、全く魅力を感じることができないサッカーでした。
チャンスを多くつくることもできなかったですし、迫力を感じるオフェンスはほとんどなかったと言って良いと思います。
今まで代表に呼ばれることがなかったJリーグの選手たちでも、呼ばれないだけで呼ばれたらしっかりとしたサッカーをすると思っていたのですが、ちょっとガッカリな結果に終わってしまっています。

まだ最後の中国戦が残っていますが、せめて最後くらいは迫力と厚みの攻撃をみせてほしいですね。
後は、名古屋の永井選手はスーパーサブ的な存在で使うところを観てみたい気もします。
特に後半のディフェンスが疲れた所にあれだけの俊足FWが入ったらもの凄い活躍をしてくれるような予感がします。

男女とも未勝利で終わる可能性があり、世代交代や新しいプレイヤーの発掘としては成果がない国際試合にならない為にも、完全アウェーで戦えるラスト中国戦は非常に高い経験値を得られる試合になると思うので、ぜひ頑張ってもらいたいと思います。

 - 日本代表